« | »

防災行政無線整備事業に係る使途不明金のOB職員による補填受け入れについて

昨年12月に発覚した防災行政無線整備事業に係る私文書偽造・同行使等及び業務上横領の事件につきましては、今年4月18日元職員に有罪の判決が言い渡されました。

しかし、今年2月に警察署に被害申告した消防本部内における使途不明金等4件につきましては、公判で事実が明らかになりませんでした。
そこで、市としては引き続き警察署への相談や内部調査などを行い、事実解明に取り組んでまいりました。

そうした中、10月6日に、当時の管理監督の立場にあった前消防長他5名から、使途不明金等の4件:総額813,375円を補填する旨の申し出がありました。
判決から約半年が経ち、事実解明が非常に困難な状況にあることを踏まえ、市としてはこれを受け入れることとしました。

以上、報告させて頂きます。

防災行政無線整備事業に係る使途不明金のOB職員による補填受け入れ記事

防災行政無線整備事業に係る使途不明金補填の受入れ 20111024

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*