« | »

袖すりあうも他生の縁

今日、ある方の紹介である議員の後援会の幹部の方にお会いした。
この方は、市内でもそれなりに名の通った経営者であり、私もどこかでお会いしたことはあったかもしれないが、じっくりと話をするのは初めてなのでお会いするのを楽しみにしていた。
その期待通り、人格的にもすばらしく物事の見方も的確で教えていただくことが沢山あった。
特に過去の選挙にまつわるお話は私の知らなかったことが山ほどあり、非常にためになった。
さらに、来年の市長選の話としては、今現在何人かの政治関係者に出馬の意向があるが、皆模様眺めの状態で、とても現職が出れる状況にはないとのこと。
なるほど出馬表明がなされない理由がわかった気がする。
袖すりあうも他生の縁という言葉があるが、足利にはまだまだ私の存じ上げないすばらしい方が大勢いらっしゃる。私自身もっと積極的にそのご縁を広げる努力をしなければ。今日はそんなことを考えさせられた一日だった。


追記:
2008110801.gif
11月8日の下野新聞

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*