« | »

実質公債費比率が18%を超える自治体は独自の起債はできない

国の基準では、実質公債費比率が18%未満の市町村は、都道府県と協議はするが、地方債の発行は原則として自由にできる「協議団体」
とされる。 だが、18%以上25%未満になると、市町村は、将来の支出をどう削減するかを示す「公債費負担適正化計画」を策定したうえで、
都道府県知事の許可を得なければ地方債を発行できない「一般的許可団体」となる。25%以上になると、
市町村の単独事業のための地方債発行が原則としてできない「起債制限団体」になるとされています。
従って、実質公債費比率が18%を超える自治体は独自の起債はできないのです。

足利市はこの18%をすでに超えており、県内でも一番悪い数字がでています。
大学誘致・日赤移転といったバブル話で、お茶を濁している場合ではないのです。

やらなければならないことは他にあるはず。

関連エントリ:

タグ: ,

コメント

自治体の債券発行、新方式に移行できたのは78%

総務省はプレスリリースで新しい自治体の分析指標、実質公債費比率による自治体の状況について公表しました。
実質公債費比率は自治体と関連団体の債務状況により…

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*