Home > 6月 4th, 2009

足利事件菅家さん釈放

いわゆる足利事件で無期懲役判決を受けた菅家さんが申し立てた再審請求の即時抗告審で実施されたDNA再鑑定で、菅家さんとは別のDNA型が検出されたことを受け、東京高検が刑の執行を停止した。
要するに菅家さんは犯人ではなかったということだ。
無実の人が汚名を着せられたまま17年半も刑務所に押し込められていたという事実はあまりにも重い。
確か96年か97年ごろだったと思うが、「菅家さんは無実です。これは冤罪です」というビラを作って配っている方がいた。
その方の名前は今も覚えている。
恥ずかしながら、当時は、何を言っているんだ?という感じでしか受け取れなかったし、時代の空気もそうだった。
しかし、である。
その方は、菅家さんの無実を晴らすためにあきらめずに運動を続けていたのだ。
おそらくそうしたサポートが菅家さんの背中を押し続け、今日の結果を導き出したのだろうということは想像に難くない。
近いうちに、菅家さんは足利に来られることと思う。
私は足利市を代表して心からお迎えしたい。
そして、陰で支えて来られた方々にも心から敬意を表したい。
お待ちしています!