« | »

なぜ税金を納めるのか:2006年7月11日街頭演説

街頭演説
なぜ税金を納めるのかという単純な視点から政治の要諦が見えてきます。国民の負担は少ない方がいいのです。消費税を安易に上げようという風潮は意義あり。やるべきことは他にあるでしょう。子や孫にツケを回さないために。いつになったら政策本位・国民本位の政治が果たせるのか。私は、この地でがんばってみます。

関連エントリ:

タグ:

コメント

Comments and Trackback are closed.

コメントはありません