« | »

市役所の対応がよくなった!!!!!

最近、市民の方からありがたいことに
「市役所の対応がよくなった」
と言われる。
それも一度や二度ではない。
はじめは「えっ!本当ですか?」と聞き返してしまった。
なぜなら役所の窓口業務の応対方法についてまだ具体的な改善の指示は出していないからだ(現在特に取り組んでいるのは平日の月曜から金曜まで午後7時までの窓口時間延長)。
にもかかわらず、市民の方から見て明らかによくなったという評価がでているというのは特筆すべきことだ。
昨日の両毛新聞にもそれと関連する記事が掲載されていた。
20090711.gif
要するに職員の意識が自発的に変わってきたということだろう。
別にお世辞を言うわけではないが、市の職員は優秀な人が多い。
時代が変わってきているのだから自分らも変わらなければならないということがわかっている。
例えば、ゴミの収集業務や給食業務そして保育園業務。
私は既にそれぞれの業務について民営化を進める方針を打ち出しているが、それを踏まえ、ではそのためにどのような計画でそれを進めていくべきかという視点で、前向きな議論をして頂ける。
それと同様に、窓口業務についても、午後7時までの窓口時間延長をするという方針を踏まえ、窓口の職員の意識が前向きな姿勢となって表れているということではないかと思う。
ある職員から直接聞いた話だが、最初は
「(私のことを)とんでもないのが市役所に乗り込んで来た」
と思われていたようだが、実際話をしてみて
「思ったより、まともな人だ」
という感じになっていただけたようだ(^^)
まあ人間の先入観というのは恐いもんで、それを素直に語っていただけたということは、色眼鏡が外れたということだろう。
いずれにしろ足利市民に評価いただけるような足利市役所であり続けるために、そして職員のやる気を最大限引き出すために、何をすべきか。
それを自分の中で問い続けていきたい。

関連エントリ:

    関連エントリは見つかりません

コメント

サービスが向上したり、効率が改善されたり、無駄な予算やコストを削減した部署などへ、年に1回か2回、コンテストや市民アンケート等を実施し、
特別手当、(市長賞)をあげてはいかがでしょうか。
民間企業並みの信賞必罰がこれからの行政改革には肝要であります。        

給食費未納について 
臨時講師として教職についていた者です。未納の給食費は教頭が未納者の給食費を払い、ご自分はいつも職員室で給食の残り物(当日欠席した児童の給食など)でした。小中学校9年間未納の家庭もあるようでした。市からの支援や保護を受けるでもなく、ギャンブルなど使ってしまったために給食費が未納のようでした。手当てのお金を市役所の窓口で直接支給し、考えてもらうというお考えは大変良いと思います。

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*