Home > 2月 9th, 2009

ダメだよ!横断歩道のないところを渡っては!:2008年2月9日街頭演説

20090209.jpg
いつものようにビラまきで回っていると、市役所付近の歩道橋を登らずに横断歩道のないところを横切ろうというそぶりを見せている部活動トレーニング中の高校生らがいた。
ちょっと気になったので見ていたら、案の定、道を渡ろうとしている。しかも信号は赤だ。
思わず、「ダメだよ!横断歩道のないところを渡っては!何よりトレーニング中なんだろ。歩道橋渡ってがんばりなさい」と話している自分がいた。
言われた学生らは、こっちを見て「しょうがないな~」という雰囲気をかもしながらしぶしぶ階段を登って行ったが、彼らに言いたかったのは、何事も前向きに取り組まなければ事を成すことはできないよということを伝えたかったのだ。
ちょっとスケールや分野が違うが、今の世界不況に対する心の持ちようとしては同じようなことがいえるのではないかと思う。
高い壁が現れば、あえてそれに挑戦するという気概が今こそ必要だ。
まさにピンチはチャンス。
IT、環境、福祉、教育、円高いろいろな所に新しい種は転がっている。
ぜひ、これ以上の失業者をださないためにも、企業経営者のさらなる一層のご努力をお願い申し上げたい。
あえて歩道橋の階段を登ってより厳しいトレーニングを自らに課しながら、共に難局を乗り切っていこうではありませんか。