Home > 10月 15th, 2007

誰も言わないのなら私が言おう(7):2007年10月15日街頭演説

mamyu
「企業誘致と人材誘致」
先週ITの研究会が東京で開催され、自分もIT企業を経営しておりますので、参加してきました。
そこでの話のひとつに、東京に事務所を構える上でのコストの高さが話題となりました。
要するに、
「IT企業は今やどこにあっても成立するのだから必ずしも本社を高コストで東京に置いておく必要はないね」
ということです。
事実、地方で活躍している有力なIT企業は沢山あります。
私の知っている範囲でも、ニュージーランドに住みながら日本のIT系の仕事をしているという人までいるのです!
であるならば、本社が足利市にあってもいいではありませんか!
必要であれば、インセンティブ付で企業誘致をしたらいいんです。
中心商店街の空き店舗や空いている土地など受け皿はいくらでもあります。
また、ITはひとりの才能で突然開花したりすることもあるおもしろい分野でもあります。
その意味で言えば、企業誘致ならぬ人材誘致という考え方もあっていいのではないかと思います。
もちろん個人に対して優遇措置を直接するということはできませんが、インフラを整えたり、カンファレンスを開催したりして、IT企業の経営をしやすくする環境を整えていくということは可能です。
結果として、人材が人材を呼び込めば、人の流れない足利に新しい活力を芽生えさせることになるでしょう。

今日の渡良瀬川(2007年10月15日)

今日の渡良瀬川(2007年10月15日)
今日はひんやりしてますね。