マラソン大会と文化祭

今日は、青年会議所が主管する足利尊氏公マラソン大会。
過去最高の4000人の参加とあって、マラソンスタッフは朝5時半集合で、みなさん気合いが入っています。
20081102054144.jpg
この日のために約1年もの長きにわたって、準備に取り組んでこられた山田雄一大会実行委員長はじめ青年会議所のみなさん朝から一日御苦労さまです。
我々OB有志もお手伝い。
今回も貴重品預かりです。
20081102074735.jpg
今回のメインゲストは間寛平さん。軽妙なギャグで笑いをとって場を和ませるあたりはさずが。
20081102094054.jpg
20081102094110.jpg
写真は10kmコースのスタート風景。黄色い旗のところに間さん。
私は、各地の公民館での文化祭に顔を出すために中途させていただきました。
時間的にお邪魔できたのは、梁田公民館と筑波公民館。
梁田公民館では、もちをつかせていただいたり、ご覧のとおりのチョコせんべいの自作をさせていただいたりとまるでサッカーでいう「ホーム」にいるかのようなおもてなしを受けました。ありがとうございます。
20081102105348.jpg
筑波公民館でも、暖かいおもてなしをありがとうございます。やきそばやうどん最高においしかったです。特に、そうじの会で親しくさせていただいている地元でも名高い方がすすんで車の誘導係をされているところに感じ入るものがありました。
ありがとうございます。

足利青年会議所50周年:2008年7月14日街頭演説

街頭演説
昨日、足利青年会議所(足利JC、桑山弘和理事長)の50周年記念式典が開催された。
ひとくちに50年といっても相当な長さだ。
私はその中の4年しかかかわってないが、私以上に携わってこられた方々がほとんどであり、そうしたこれまで尊氏公マラソンと足利文化財パトロール隊(P隊)をはじめとした足利JCの様々な活動を支えてこられた方々に敬意を表したい。
20080713172842.jpg
実は、足利には過去に足利青年会議所のような組織があった。
その名も「足利友愛義団」という。
創立メンバーも足利銀行の創設者の荻野万太郎氏をはじめ足利の蒼蒼たる方々が名を連ねている。
荻野さんの著書「適才回顧録」によれば、荻野さんは23歳で足利銀行の頭取に就任され、政界でも縦横無尽の活躍をされている。
時代は明治、文明開化・富国強兵の鐘の音が高らかに鳴り響いていた時期だ。
足利も繊維で栄え、まさに躍動している時期であったろう。
そうした経済的な基盤をもって、足利の有力者達は今で言う「ボランティア活動」に目を向け始めていた。
それが「足利友愛義団」であった。
英語学校や幼稚園を創設したり、廃娼運動を行ったり、当時としてはとてもハイカラで先進的な取り組みであったといえる。
しかし、その友愛義団も昭和の戦前の独特の空気の中で、その役割を終えざるを得なくなった。
もし、それが続いていたなら。。。今回の青年会議所以上の100年を超える伝統の息吹が受け継がれていたはずであり、歴史が断絶してしまっているのが残念でならない。
その意味では、これからの新しい半世紀の扉を開かれる足利JCのメンバーの方々には是非足利JC伝統のみならず、我々の先人の果たしてきた足利友愛義団のDNAもしっかりと受け継いて、よりすばらしいボランティア団体に飛躍していただきたい。
期待してます。

自分達のまちは自分達で創る

足利青年会議所
足利青年会議所(桑山弘和理事長)の3月公開例会に参加してきました。
今回は、政治・経済評論家の池田健三郎氏をお招きした「自分おまちは自分でつくる」という講演会です。
話の内容は、私が日頃からブログで語っていることと大方重なっており、「子や孫にツケを回さないために」政治がどうあるべきか、そして有権者はどうあるべきかということをわかりやすく聞かせていただきました。
特に、これからの選挙は、「お願いから約束へ」と変わらなければならないという言葉は印象的でした。そして、これからはお任せ民主主義ではなく、マニフェストという”有権者との契約”を通じて主権者である国民が政治をコントロールする時代であるということを改めて認識することができました。

本日は青年会議所の皆さんと

mamyu
恒例の掃除に学ぶ会のトイレ掃除は足利青年会議所の皆さんと一緒に行わせて頂くことに!お疲れ様です。

足利青年会議所文化財パトロール隊に参加

久しぶりに、足利青年会議所[足利JC]文化財パトロール隊(河内利久隊長)の行動日に参加してきました。
それにしてもみんな元気ですね~。
隊員の子供たちそしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした。
mamyu
また、テーマが「田中正造」とあって、館林の田中正造記念館、谷中村の廃村跡、渡良瀬遊水地、雲竜寺など彼のゆかりの地をめぐり、改めて彼の義人としての遺徳を偲ぶことができました。
ありがとうございます。
明治の終わりごろ、彼が足利に赴かれた時、市内の方々は一様に最敬礼をして迎えたといいます。
そして最晩年彼が携帯していたものは、桜石という渡良瀬川で取れる石ころと聖書だけだったそうです。
政治家のあるべき姿がそこにある気がしました。
mamyu

足利尊氏公マラソン大会

足利尊氏公マラソン大会

足利尊氏公マラソン大会

有森裕子さんは、すばらしいランナーですね。10km走り終わった後も、今度はトラックを逆走して、他のランナーを励まし続けたり、サイン会や抽選会でも手抜きは一切なし。一流の選手は一流の人間であるということがよくわかりました。ありがとうございます。


今年は過去最大の三千二百人が参加しての大会となりました。足利青年会議所の皆様をはじめ関係者の皆様お疲れさまです。私は今年も貴重品預り係です(^^)。

掃除に学ぶ会



今回も足利青年会議所の皆さんと合同のトイレ掃除です。。二時間半お疲れさまでした。

朝そうじ


毎月恒例の掃除に学ぶ会。今日は足利青年会議所の皆さんも参加されました。後輩の皆さんありがとうございます。