就任一年

5月13日で市長に就任して1年になりました。
振り返るとまさにあっという間であったように感じられます。

市長給料の30%カットから始まり、予算の組み替え、市役所窓口業務の平日毎日夜7時までの延長、事業仕分け、調剤薬局の設置、入札改革による自動販売機手数料収入の年間3800万円の大幅アップ(290万円から4090万円)、ゴミ収集業務における年間1億8000万円の大幅節減(5億円から3億2000万円)、ゴミ袋の大幅値下げ、子供医療費無料化の拡大(小学校3年生から中学校3年生)など等、市税収入が予算ベースで約14億円も大幅に落ち込むなかで、なんとかやりくりをしてきました。

そうした中一番印象的だったのは、やはり菅家利和さんとの面会です。
市民の皆様はすでにご存知だと思いますが、菅家さんは昨年末に念願の足利定住を果たされ、3月26日には無罪が確定し、本当によかったと思っています。

そして何より、今回の冤罪を証明するのに大きな役割を果たしたのは市内在住の西巻糸子さんです。当初は誰しも裁判は確定したことと思っていたときに、彼女は菅家さんと面会し、『犯人ではない』と確信されて以来10年以上もこの冤罪事件と向かい合ってきました。
彼女がいなければ菅家さんはいまだに不条理な環境に居ざるを得なかったかもしれません。私はこのような方が足利市民にいるということを誇りに思います。

ひと口に足利事件と言われますが、足利事件は義のある足利市民がいたからこそこうした冤罪が証明できたという視点でも語られるべき事件であると考えます。
その意味で私は、菅谷さんの名誉回復はもちろん、足利市の名誉のためにも、そして今後二度と冤罪被害を生じさせないためにも事件を正確に語り継いでいきたいと思っています。

菅家さん無罪確定、裁判官が謝罪

菅家さんの無罪が確定した。
わかっていたとはいえ、本当によかった。
裁判長の「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果になったことを裁判官として申し訳なく思う」という言葉だけでなく、裁判官3人が起立して謝罪するのは前代未聞で菅家さんも満足されていたようだ。
それにしても、真犯人はどこにいるのか。
最近、まみちゃん事件を含めた「VS.北関東連続幼児誘拐・殺人事件の真実」という漫画が出版されたが、これを読むと改めて、例え時効になっているとしても真犯人を泳がし続けてはいけないと思う。

菅家さん足利市転入

20091202.jpg
11月25日に菅家利和さんが足利へ転入された。
心から歓迎申し上げたい。
早速、市営住宅もあっせんさせていただいた。
菅家さんからも「申し分ありません」との返事。
当然のことながら”住”の次の関心事は”職”の部分。
市として、いくつか臨時職員としての職種をリストアップして提示させていただく予定。
この点も菅家さんとよく相談していきたい。
ともあれ、菅家さんには今後故郷足利で、心穏やかにお暮らしいただきたい。
つきましては特にマスコミの方々にですが、これからの菅家さんの日常生活を必要以上に取材されることのないようご協力をお願いします。
20091203.gif

(さらに…)

菅家さん、お帰りなさい

午後2時、菅家さんが市長室にお越しになった。
私は「足利市を代表して心から歓迎します」と申し上げた。
そして、市として市営住宅のあっせんと来年の4月よりスクールバスの運転手としての仕事等の用意があることもお伝えした。
菅家さんはとても喜んでくださった。本当に気持ちがこもっていた。
何かこちらまで目頭が熱くなった。
これからこの足利の地で心穏やかに過ごしていただけるよう市としてできるだけのサポートをしていきたい。
そして、菅家さんを最初から支えてくださった西巻糸子さん。
あなたの地道な活動が菅家さんを救いました。
時代の空気に流されない真実を見極める能力、そして10数年に渡り菅家さんを励まし続けた粘り強い努力。
とても真似できるものではありません。
佐藤弁護士も語っていましたが、”あなたは足利市の良心”です。
ありがとうございます。
それにしてもその佐藤弁護士はよくしゃべる人だ(^^)
それは足利事件とは関係ないだろうということまで(_ _)
弁護士とはこうでなくてはならないものかもしれないが、やはりこの方の貢献も特筆すべきものがある。
菅家さん、いつでもお待ちしています!

報道は事実に基づいてお願いします。

今日(6月12日)の東京新聞。
菅家さんの件で、以下のような記事が掲載されている。
20090612.jpg
こまったもんだ。
私は、菅家利和さんの意向を承った上で、市営住宅の優先的なあっせんをすることはありえるとは言っているが、「住宅の無償提供の提案」まで踏み込んだ発言は一切していない。
にもかかわらずどうしてこんな記事になってしまうのか、不思議でならない。
報道は事実に基づいてお願いします。

足利事件菅家さん釈放

いわゆる足利事件で無期懲役判決を受けた菅家さんが申し立てた再審請求の即時抗告審で実施されたDNA再鑑定で、菅家さんとは別のDNA型が検出されたことを受け、東京高検が刑の執行を停止した。
要するに菅家さんは犯人ではなかったということだ。
無実の人が汚名を着せられたまま17年半も刑務所に押し込められていたという事実はあまりにも重い。
確か96年か97年ごろだったと思うが、「菅家さんは無実です。これは冤罪です」というビラを作って配っている方がいた。
その方の名前は今も覚えている。
恥ずかしながら、当時は、何を言っているんだ?という感じでしか受け取れなかったし、時代の空気もそうだった。
しかし、である。
その方は、菅家さんの無実を晴らすためにあきらめずに運動を続けていたのだ。
おそらくそうしたサポートが菅家さんの背中を押し続け、今日の結果を導き出したのだろうということは想像に難くない。
近いうちに、菅家さんは足利に来られることと思う。
私は足利市を代表して心からお迎えしたい。
そして、陰で支えて来られた方々にも心から敬意を表したい。
お待ちしています!