地方債も格差拡大

地方債
地方債の金利上乗せ幅が、自治体によって開きが出ているようです。
民間企業と同じで健全な自治体の金利は低く逆は高い、ということは行政の経営者の能力によって市民の負担に大きく差が出てくる時代になってきたということです。
市民が自分で使えるお金を増やすか、自分で使えないお金を増やすことになるか。
選挙による選択は益々大事になっているのです。