東武伊勢崎線全線開通100周年記念ヘッドマーク贈呈

東武線開通100周年記念ヘッドマーク贈呈式
東武線全線開通100周年記念のヘッドマーク贈呈式が行われました。
開通以来東武線は足利市民の生活インフラとしてなくてはならないものになっています。その感謝を込めて足利市からもヘッドマークを3両分寄贈させていただきました。

両毛線開通120周年記念ヘッドマーク贈呈式

20091027.jpg
足利市観光協会(新里元二会長)の会員の方が製作してくださった「両毛線開通120周年記念ヘッドマーク」の贈呈式が足利駅で行われました。
11月1日より12月31日まで、この蚕と桑の葉をモチーフにしたマークをつけた電車が北関東地区のJR線を走ることになります。
これはきっと両毛線沿線、もちろん足利にとってもいいPRとなるでしょう。
製作してくださったAさん、ありがとうございます。