選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

やぶちゃんのコーチング

情熱野郎やぶちゃんこと藪原秀樹氏がここ足利にまで来てくださいまして、第二回人間力アップ講座をk開催しました。問題を問題点にするにはどうしたらいいか?これが今回のテーマです。みなさんもご一緒にお考えください。答えはおひとりおひとりの中にあるはずです。

足利市には21世紀の堀田捨吉が必要です:2006年4月24日街頭演説

戦後、足利市が繊維で隆盛を極めた時代の象徴がトリコット団地でありました。
今やそのトリコット団地は見る影もなく、大型のショッピングセンターが軒を連ね趣が全く変わってしまいました。

当時、撚糸などの技術開発でトップを走っていたのが堀田産業で、その創業者が福井県から単身来られた堀田捨吉さんという方でした。
自ら開発した技術特許を武器に足利のトリコットを牽引していました。

今や半世紀が過ぎ、その会社も株主が入れ変わり、様々な変節をたどっているようですが、
当時のトリコット関係者で誰が今の足利を想像できたでしょうか。

時は21世紀となり、足利では繊維のセの字くらいしか耳にしなくなり、世の中の動きは一段を激しさを増してきています。
なんともいえない、何か取り残されてしまったような危機感を覚えるのは私だけではないと思います。

とりたてて基幹産業のないこの足利に往時の隆盛を取り戻すためには、もっと大胆な取り組みが必須です。
たとえば、IT産業に目を向けてみます。
この業界のいいところは、誰でもどこでもすぐにでも始められるところです。
その分、年を経るごとに競争が激しくなってきていますが、市場が広がっているのですからこれからの可能性は益々大きいものがあります。
この分野で市場を引っ張っているのは、関西などを中心にしたエリアであり、特に北関東地域はこの分野での目立った企業が少なく、
どちらかといえば負け組みに近いような状況です。
足利市も例外ではありません。IT系で、勢いのある会社を探すのが難しいほどです。
足利市は面積の半分が山に囲まれ、真ん中を川が流れ、南の田圃は優良農地となると、ほとんど開発用地は残されていないわけですから、
いつでもどこでも誰でもできるこのITを絡めて、産業育成するというのはとても大事な切り口です。
かつて繊維業界に颯爽と現れた堀田捨吉さんのような人を足利の中でどんどんと輩出させることができれば、新しい市場が広がるのです。
そのためにも、よそ者や新しいものを遠ざけることなく、どんどんと受け入れ育てていく土壌を作ることが大事です。

私でさえ、落選以降、自らを奮い立たせてIT企業を立ち上げ、少しづつではありますが軌道に載せてきているのです。
他の方でできないはずがありません。
現状に甘んじたり、あきらめたりせず、「意志あるところに道は開ける」という気概で、
ITに限らず起業する人がどんどんと増えていくような街に是非ともしていきたいものです。

自分のビデオでもできました。


自分のビデオでもできました。政治でも使えますね。皆さんもお試しください。

youtube

youtubeは便利ですね。こんなに簡単にビデオが載せられるんですね。

繊維隆盛時に学ぶ:平成18年4月17日街頭演説

今日は市長選後一年ということで、いつもお越しくださる後援会の皆様だけでなく下野新聞さんも取材に来られていました。色んな方に気に掛けていただいてありがたいです。今日のテーマは、繊維が隆盛を極めたときの上昇する気概を持とう!です。改めて詳述します。

NHK受信料

今日の日経新聞では、トップの一面にNHK受信料について不払いに罰則を検討という記事が掲載されています。同じ日の社会面ではNHK職員、また着服という見出しで記事がでています。受信料不払いに罰則を検討する一方で、NHK職員の着服が後をたたないというのでは、まるで説得力がありません。まずは組織としてもっと根本的なところを検討する努力が足りません。

小沢一郎:平成18年4月10日街頭演説

小沢一郎さんというと93年の細川連立政権を思い出します。日本中が沸きたがった記憶が今も鮮明に焼き付いています。それがひとつのきっかけで私は政治を徒手空拳で始めたわけで、評価は様々ですが、一皮むけた小沢さんには注目していきたいと思います。

時給1000円!

東京の喫茶店は時給1000円!だそうです。都内は景気が上がってきているんですね。足利は今いくらでしょうか?確か740円くらいででてましたね、格差は明らかに拡大しています。。。

石畳:平成18年4月3日街頭演説

市の中心部の石畳がところどころ歯抜けになっています。これではあまり美しくないですね。小さなものに物事の本質がやどるのです。気付く心、その感性をみがいていきたいものです。

こども絵馬コンクール

千二百年以上の歴史をもつ大岩の毘沙門天で毎年恒例のこども絵馬コンクールが行われました。写真は、本堂で発表するにあたって住職さんがごまを焚いているところです。これだけでも一見の価値ありですよ。足利って観光名所が沢山ありますね。

« Previous | Next »