選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

そば!

そば
そば打ちを学ぶ機会がありました。自分で打ったそばもおいしいものです。おもしろい経験でした。ありがとうございます。

税について:平成18年5月22日街頭演説

昨日の続きです。
昨日のブログで世界納税者連盟のビヨン・タラス・ワーバーグ氏が提言しているフラット税制
所得税や法人税などの直接税はゼロにして、
消費税の歳入だけで全てをまかなうという大胆な税制改革)
について取り上げました。

その際の質疑応答で私はこういう質問をしました。
「ビヨンさんのような改革をするには、日本の場合、どのようなプロセスで、どこの税制から段階を追って見直していけばいいのでしょうか?」

なんと答えは、
「申し訳ないが、あなたの言っていることが私には理解できない」
でした。
彼には、フラット税制にするためのプロセスとして、
私が聞きたかった”日本の税制を段階的に変えていく”というプロセスは、全く考えの中にないのです。
要するに、キルギスやルーマニアでもそうであったように、日本でも”いきなり”そうするのがベストということなのです。
話がかみあわないはずです。

世の政治家はもとより、国民がそんな話を受け入れられるだろうか・・・。
なにせ消費税だけで歳入をまかなうというのは、日本にとっては斬新すぎるアイデアだ・・・。
社民党や共産党の反発だけではすまないだろう・・・。というようなことが頭をよぎりました。

そうしたことも想定してか、彼は彼なりのそれに対する答えも用意しておりました。

日本は直接税をいじらずに、間接税(消費税)を増税すればどうなるか、間違いなく経済成長にブレーキがかかる。
そして企業や個人が海外に逃げ、失業率は増加することになる。結果として社会的弱者の所得を得る機会が失われる。その一方で、
フラット税制にすれば、トータルでは減税になるから、経済成長に弾みがつき、国際的な企業などの日本投資が進む。結果として、
就職の機会が増え、失業率が減る。というようなことを言われておりました。

日本の国のあり方そのものを問い直す呼び水的な位置づけとして、私は関心を持ちました。
これを機会に、すでにそれを導入している国や地域の実情をよく調べてみたいと思います。

税金は安い方がいいし、国の関与を制限して、全ての人が自由に暮らせる国である方がいいのですから。

ビヨン・タラス・ワーバーグ氏

フラットタックス
彼は世界納税者連盟の会長を務めている方です。いわゆるフラットタックスを提言している方です。高い税は低い経済成長、低い税は高い経済成長をもたらすそうで、減税こそ必要と唱えています。つまり所得税・法人税をゼロにして、消費税を20%くらいに抑え、トータルで減税するということです。日本は消費税が低い今がチャンスだとも語っておられます。
彼の国スエーデンは70年代に増税して、経済成長が低くなってしまったと嘆いてもいました。

講演会

講演会
田中甲さんの事務所で講演しました。テーマは市議会議員になるにはです。。

掃除に学ぶ会

掃除に学ぶ会
掃除に学ぶ会恒例の朝そうじです。毎月第三日曜朝五時からJR足利駅前で行っています。14名のご参加。今日は初めてリーダーをさせていただきました。大変勉強になりました。ありがとうございます。

これから九州一周にチァレンジ

九州一周
これから九州一周にチァレンジされる田名網さんです。60才の還暦を迎え、自分のルーツを確かめるためにまた人生の新しいチャレンジとして自転車で長崎から出発するとのことです。頭が下がります。

サントリー時代

サントリー時代

サントリー時代。社会人としてのイロハをはじめ多くの事を教えていただきました。

小泉総理付き記者の講演

長年小泉総理付きの記者をしている方の講演を聞きました。人間としての小泉さんは変人と呼ばれるようなところは全くなく、ごく普通の人と同じ視線の人で、それが逆に永田町では奇異に思われるのではないかとのこと。総理としては郵政をはじめ利権にメスを入れ政治の構造改革を行ったという功績は大きい。そしてカネ、選挙、人事というかつては派閥が牛耳ってきた権能が小泉さんの登場でほとんど機能しなくなってしまったことも特筆できる。事実、先週の出身派閥でもある森派の総会で森氏は、自分が派内を一生懸命まとめようとしているのに誰もわかってくれない。もう勝手にしてくれなどとグチッたり泣き言を言ったりした後、山本参議院議員を名指しで二十分近く安倍、安倍と騒ぐ君が悪い、レッドカードだなどと罵ったそうです。記者いわく、派閥会長が絶大な力を持っていた派閥政治が終わったことを実感した一瞬だったそうです。。。随分小泉さんよりの記者ですがなかなか面白い講演でした。とにもかくにも国は動き始めましたね。次は地方!の番です。

OSMC勉強会


OSMCのIT勉強会に参加しました。時代に乗り遅れない情報収集法ということで、ブログなどの口コミツールをいかにうまく取り込むかということについて学びました。RSSを制する者は情報を制するだそうです。政治にも使えそうです。

子供にツケを回さない:平成18年5月15日街頭演説


街頭で演説を始める頃、多くの高校生が自転車で通りかかります。この生徒達が大人になって一体何人足利に残っているだろうか。彼らに余計な負担を残さずにバトンを渡すことができるだろうか。そんなことを考えるとつい演説に力が入ります。

« Previous | Next »