選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

湯島聖堂に来ています

湯島聖堂

論語と陽明学の勉強(中斎塾)でお茶の水の湯島聖堂に来ています。ここは足利学校とも大変縁の深いところです。偶然合格祈願の絵馬を見つけました。ここでも販売してるんですね。

皆さん同じ疑問をもっているんですね。


例の足利市みどりと文化・スポーツ財団の基金損失問題に関して納得できないという趣旨の寄稿が3月5日付け両毛新聞に掲載されています。この件では2人目の寄稿です。
ご趣旨は全くその通りで、こうした大きな事件をこのままうやむやにするべきではありません。

選挙の争点1:2007年3月5日街頭演説

地方選挙を目前に控え、選挙の争点を整理してみました。今回は財政再建についてです。こどもにツケを回さないためにどうすればいいか、ぜひ候補者の主張に耳を傾けましょう。

本当の保守

本当の保守がいる。

本当の保守は、日本にとって何が大事かがよくわかっている。

本当の保守は、日本の子供達にとって何が大事かがわかっている。

本当の保守は、黙って自ら納得した人にいつまでも投票し続ける。

本当の保守は、税金をしっかり納めるが、税金を食べようとはしない。そして税金は減らすべきと考えている。
だから自分のことは自分でする。

本当の保守は、自民党でも民主党でもない。しかし自民党の中にも民主党の中にもいる。

本当の保守は、場合によっては権力者を引きずり降ろすこともいとわない。

本当の保守は、身を捨てる覚悟がある。

そんな人に会うと、私は安心する。

政治の原点:2007年2月26日街頭演説

地方選挙を前に改めて政治の原点を考えてみました。

今季最後の夜回り

今季最後の通4丁目夜回りはお巡りさんも参加です。みなさんお疲れ様でした。

同級生が早くも教授になっていた!

田原栄俊
私の大学時代の同級生の田原栄俊君がなんと広島大学大学院教授になってました。今日はそのお祝いで赤坂で飲んでます。同期では一番の出世頭ですね。おめでとう。人類に貢献する研究成果を期待してます。お互いがんばろう!

おいおい足利市はこんなところで資金運用してたのか!

足利の外郭団体が保有する4200万円もの資金の運用先に「アドテックス」を数年間にわたり使い、そこが昨年破産し結果的に
ほぼ全額焦げ付いてしまったという事件がありましたが、なんとその会社の社長は副社長になんと暴力団組員を迎えていたとのこと。

http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070219/jkn070219016.htm

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070218it01.htm

おいおい足利市はこんなところで資金運用してたのか!とおどろきあきれるばかりです。
この結果、何の罪もない職員が、この損失の穴埋めのために給料を減らされてしまうのでは全く筋が通りません。

私はかねがね、無責任な公約を掲げ、市民にいらぬ期待を抱かせた上で、
やっぱりできませんでしたという稚拙なやり方がいつも不問に付されてしまうので、それがさらに大きな無責任の輪を広げて、
今回のような公金損失事件になっていやしないだろうかと申し上げてきました。
その意味で、足利を根底から立て直すには、こうした政治体質を変えるしかありません。

公営企業再編の流れ:2007年2月19日街頭演説

地方自治体の最大の課題は財政再建。行政改革は必然の流れです。

通4丁目育成会廃品回収

育成会
みなさんお疲れ様でした。

« Previous | Next »