選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

足利市は地震に強い地盤

今日の下野新聞に、独立行政法人「防災科学技術研究所」がホームページに「地震ハザードステーション」を公開しているという記事がありました。

そこで早速ホームページを見てみますと、以下のようなJ-SHIS MAP図が表示されていました。
30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図
これは、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図です。

足利市は確率が3%以下です。
いかに地震に強い地盤であるかが伺えます。

そういえば、胡椒などの香辛料で有名なギャバンという会社が、独自の調査で足利市は地震に強い街だと評価し、数年前に他県から移転してきたという話を聞いたことがありますが、まさにそれが裏付けられたことになります。

今後、こうしたデータを踏まえ、「地震に強い街、足利」をひとつの大きな売りにして、企業誘致等に活かしていきたいと思います。

平成24年節分鎧年越

今年も盛大に足利に春を呼ぶ伝統行事『節分鎧年越』(せつぶんよろいとしこし)が行なわれました。
鎌倉時代中期、足利泰氏(あしかがやすうじ=足利氏4代当主で足利尊氏は泰氏の直系子孫、1216~1270年)が坂東武者500騎を鑁阿寺(ばんなじ)南大門に勢揃いさせたという故事にちなんだ足利市の冬を彩る古式豊かな伝統行事です。
江戸後期から明治時代にかけて一時途絶えましたが、大正2年に復活し、現在に至っています。
足利節分鎧年越01

足利節分鎧年越02

足利学校参観者倍増計画キックオフ

本日、足利学校参観者倍増計画のキックオフ式を行いました。

この計画は、平成23年の参観者数約16万人を基点に毎年10%づつ増やして8年後に32万人にしようとするものです。

これから担当職員らと力を合わせ、足利学校のもつポテンシャルを活かしながら鋭意取り組んでまいります。

足利学校参観者倍増計画キックオフ式

国民健康保険税減税(対象:加入世帯の約97%)議案可決

本日、平成23年度12月議会最終日。
来年度(平成24年4月1日)から足利市国民健康保険税を減税する(加入世帯の約97%)議案を承認頂きました。
対象は、おおよそ所得が500万円以下の世帯になります。
国保税率の引き下げ、つまり減税は(私の知る限り)足利市の歴史では初めてとなります。

これにより1億2千万円規模の税収減が見込まれますが、行政としての業務改善努力(収納率向上、各種検診事業、多受診の指導、ジェネリックの利用促進等)でカバーしていきます。

また、同時に賦課限度額の引き上げ(69万円から74万円)をしますので、恐縮ですがおおよそ500万円以上の世帯ではさらなる負担をお願いする場合があります。

毎日新聞 20111124記事

下野新聞、東京新聞 20111123記事

朝日新聞 20111125記事

宮城県亘理町との「木でつながった絆プロジェクト」に参加して

本日、東日本大震災で被災した宮城県亘理町を訪問しました。
足利庭園文化研究会の皆さんが震災後ボランティアで亘理町に入った際に、明治初期に当時の亘理伊達藩の藩士が北海道に移住することに伴い、藩校日就館の儒学書など973冊を足利学校に寄贈したことを知り(839冊が現存)、その時の恩返しとして、今回クロマツを亘理町長瀞小に寄贈することになったため、私も同行させていただき植樹をしてきました。

町長ともお会いして、震災後の大変な状況を伺いました。
亘理町だけでの被害総額は3300億円。一般会計が約100億円ですから、33年分に相当します。
特に困っているのは、瓦礫類の処分とのことでその量はなんと126万トン。実に亘理町の年間排出量の100年分です。ここにきてようやく焼却炉の設置は決まりましたが、そこから出る灰の処分先は未定とのことです。
やはり溶融炉によるリサイクルも検討すべきではないかと思います。

また、亘理町内の被災地をバスで通過している際に、隣に座った子供に話しかけましたが心なしかおとなしい様子で気のない返事でした。交流会をした吉田中ではオリジナルの曲である「明けない夜はない」を元気よく歌ってくれましたが、彼らの心のキズは我々の想像以上のように思えました。

吉田中に掲示してあったあのナポレオンヒルの言葉が、私にはとても印象に残っており、それに先生達の思いが込められているようにも感じました。
彼らの癒しと鼓舞につながることを願わずにはいられません。

読売新聞20111204記事
毎日新聞記事20111204

足利市政90周年記念式典

足利市政90周年記念式典式辞
おかげさまで、多くの来賓の皆様のご臨席を賜り盛大に足利市政90周年記念式典を挙行させていただきました。
改めまして顕彰された皆様、受賞の栄に浴された皆様方に心よりお祝い申し上げます。

足利市政90周年記念式典式辞動画

市政90周年記念式典記事20111127

足利尊氏公マラソン大会

11月13日に行われた足利尊氏公マラソン大会。
今年も約4900人にご参加いただき成功裡に終えることができました。
足利青年会議所(阿部達也大会実行委員長)の皆様をはじめ大会運営にご協力くださった多くの関係者の皆様、そしてゲストランナー(西田隆維さん、渋井陽子さん)の皆様をはじめご参加いただいたランナーの皆様に心より感謝を申し上げます。
私も3kmなんとか完走しました(^ ^)
足利尊氏公マラソン大会

子ども手当の負担をさらに地方に?

過日、子ども手当に関して、厚生労働省から来年度は地方負担を約4400億円増やし約9800億円とこれまでの1.8倍にする案が示されました。理由は、年少扶養控除廃止により、地方の税収が増えるからだそうです。

これを足利市の場合におきかえますと、年少扶養控除の廃止により3億7千6百万円余の収入増となります。その中から国は2億6千円万余を子ども手当に当てる案を示しており、さらには所得制限を設けることによる特例交付金6千万円余の減収が見込まれますので、合わせて計3億2千万円余の地方負担が生じ、差し引き5千万余しか自治体には残りません。

国が勝手に年少扶養控除廃止という増税をするのですから、その分地方の収入が増えるのは当たり前のことです。
だからといってこの押し付けはいかがなものかと思います。
そもそも国は子ども手当を全額国費で賄うと言っていたのです。
またそのための財源を事業仕訳けなどの歳出カットで捻出するとも言っていました。

結局、公約に掲げたような歳出カットができずに、財源の手当てに窮して増税をせざるをえなかった、というのが実情だと思います。
そしてその結果、地方の税収が増えるからといって、その使い道は国が一方的に決めるというのは、地域主権と全く逆行した話です。
地域主権は、民主党の一丁目一番地の改革であったのですから。

国は必要な改革も行わずに増税をし、その結果地方の収入が増えるのはけしからんから国が召し上げるという発想は、ちょっと理解に苦しみます。

地域主権は一体どこに行ったのでしょうか。自治体は政府の言うことを何でも聞く、都合のいいキャッシュディスペンサではありません。こうした地方に係る重要案件については、もっと地方自治体側と真摯な協議をすべきです。

そして、子ども手当の財源の捻出に関しては安易な発想で辻褄を合わせるのではなく、「先ず隗より始めよ」のとおり、まずは国が歳出カットなどの財源確保に力を注ぎ、自らの行動で示すべきです。

子ども手当に関する異議表明記事20111112

【続報2】平成11年度、14年度、17年度公金不正支出事件の義憤

10月24日に平成10年度から17年度にかけての毛野土地区画整理事業の不祥事に関する処分を発表して以降、事件発生時、職員を監督する立場にいた市職員OBから市に「現職職員の処分が重すぎるんじゃないか」と頓珍漢な抗議がありました。

まさに「はっ?」です。

一体何なのでしょうか。
この市職員OBには少なくとも監督責任はあるのですから、もっと当事者意識をもってしかるべきです。当然ですが、これを聞いた市職員は内心強烈に怒っていますし、私も同様に義憤を感じます。

それに比べて、本事件が発覚するきっかけとなった防災行政無線に係る1職員の不祥事に関して、前消防長をはじめ退職した消防職員OBが監督責任を感じ、その損失補填をすべく自ら申し出て来られた潔さが輝いてみえます。

そもそも、「私は知らなかった」「処分が重い」だのと、区画整理事件発生時の市幹部職員OBらが言っていること自体に困惑します。私の市長としての経験からしても、とても知らなかったとは思えませんし、処分の軽重を彼らが論ずる前に、自らの責任を重く感じるべきでしょう。
これではこうした人達に仕えざるを得なかった、今回処分を受けた現職職員があまりにもかわいそうです。

前回記しましたとおり、おかしな話ですが退職した後では事件が発覚しても、制度上遡って彼らをを処分することはできません。
そうした安全圏にいるにもかかわらず、訳のわからないことを言ってくるのでしたら、私は処分を受けた現職の職員のためにも、他の市職員のためにも、言うべきことは言わせて頂きます。

(1)仮にこの一連の事件が時効になっておらず、あなた方が現職で在籍していたら、一体どのような展開になっていたでしょうか。

(2)その上で、道義的な責任の取り方を自ら考えるべきです。

(3)あなた方の後輩の職員は、あなた方の今後の行動を黙って見ています。

朝日新聞記事 20111208

下野新聞記事 20111208

読売新聞記事 20120124

朝日新聞記事 20120126

朝日新聞記事20120301

初の地域後援会、小俣支部発足

この度、私の後援会としては初めてとなる地域支部が発足しました。

ここに至るまで、山崎徳次会長はじめ役員の皆様方に大変お世話になりました。
心より感謝申し上げます。

また自民党足利支部の重鎮であられる石川博康市議にも最高顧問に就任いただき、身に余る応援のお言葉を頂戴しました。
今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。

これからも、「まずは市民への感謝から」という気持ちで、市民の皆様方の期待に応えるべく足利市の改革と発展に尽力して参ります。

大豆生田みのる後援会総連合会小俣支部

« Previous | Next »