選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

道州制をテーマに論戦を:2008年9月22日街頭演説

街頭演説
交通安全週間ということで、2丁目の交差点にお巡りさんが5人も街頭に出て交通整理。
14年間ここに立って街頭演説しているが、5人も出ているのはあまり記憶にない。
少し前にこの沿線で悲惨な交通事故もあったし、警察の意識が変わってきているのだろう。
しばし、お巡りさんの邪魔をしないように傍観。
マイクをもって集中している時は、車を運転している方の表情がわからないが、このときはよくわかった。とても急いでいそうな表情の方、くわえタバコで運転している方、私を見てあいさつをしてくださる方など様々。今日はある議員さんまで大きく手を振ってくださった、ありがたい。
交通整理が終わったので演説開始。
今日のテーマは「道州制」
自民党の麻生さんも、民主党の小沢さんも行政機構の構造改革を提言しておられる。
麻生さんは、道州制の導入。
小沢さんは、全国を300の市に再編。
国の役割と地方の役割を明確に区分けする時代だとつくづく思う。
例えば、今回の汚染米の問題。
農林水産省が、本来の国家としての国民の生命を守るという役割に徹して、水際と現場でのチェックをきちんとしていれば起こらなかったことではないか。
それをせずに地方自治体の農地再編整備事業など国が関与しなくてもいいことに口や手を出して自己の権限の維持拡大に汲々としてきたのだからあきれてしまう。
最近では汚染米だけではなく、粉ミルクでも問題が指摘されているし、ちょっと前には中国産毒入り餃子、その前には米国からのBSE問題、農薬まみれの野菜の問題があった。
まさにこれこそが国の仕事、農林水産省の仕事なのだ。
しっかりしてほしい。
同時に、こうした問題が繰り返されてしまう根本には政治家の意識の問題がある。
道州制にすると国の権限がなくなり、既得権益にまみれた政治家にとっては死活問題になる。早い話、農地再編整備に関して農水省に圧力をかけることすらできずに使えない政治家になってしまうということなのだ。結局、自分の票のためだけを考えて、こうした制度改革はしたくないという本音が見え隠れする。
しかし麻生さんも小沢さんも、行政の構造を変えようと言っているのだから、次の総選挙でどちらが勝っても進んでいくに違いない。
現時点では争点として隠れてしまっているが、道州制の問題は大事だ。
そして何より肝心なのはその中身、工程表だ。
具体的にどのような形でいつまでに行うのか。
これを是非臨時国会での党首討論もしくは総選挙でのマニフェストで戦わせてほしい。

マニフェスト

大豆生田みのるの考えるマニフェストを順不同で掲載していきます。

負債総額は6130億ドル(約64兆3600億円)

リーマンブラザーズの負債総額である。
米史上最大の額でもあるという。
日本の国家予算にも匹敵する大きさだ。
時を同じくしてリーマンの日本法人も破綻。
そのあおりで今日の東証は633円の大幅安。
世界同時株安の様相。
住宅関連のサブプライムローンの問題から端を発し、証券大手の経営破綻に至った経緯は、日本における95年の住専問題から97年の山一証券の自主廃業に至った経緯となんだか似ている。
それにしても今回のそれは規模が違う。メリルリンチまで身売りしてしまう有様だ。
金融は儲かるといわれるが、要するにハイリスク・ハイリターンの業界ということだろう。
日本の金融機関は、こういうピンチの時こそチャンスなのではないか。
かつて、ハゲタカファンドが日本の金融危機の時に好き勝手やっていたことの逆をすればいいのだ。お金はありあまっているのだから。
しかしどの邦銀もそんな戦略を描いているように見えない。
リスクテイクができないのか、勇気がないのか、農耕民族の性なのか。
なんだかもどかしい。

Read more »

行政の情報公開:2008年9月16日街頭演説

街頭演説
14年も街頭演説をしていると、季節の移り変わりが肌で感じられるし、街の空気もなんとなくわかってくる。交差点を往来している人の表情や歩き方からも伝わってくるものがある。今日は、ピアスをしている男子高校生を見かけた。これも時代の流れなのだろうか。
さすがに車を運転している人の顔はなかなかわからない。太陽に向かって街頭演説しているような感じなので逆光になってしまう。それでも、手を振ってくださる人はよくわかる。最近は、その数が増えてきたようでとてもありがたい。
さて、情報公開について。
これまで情報公開に関しては色々と取り上げてきた。
今回は少し視点を変えてあるIT関係者からの話。
数年前に、田中康夫長野県知事(当時)が行政の情報管理についてセキュリティ上の問題がないかどうかその分野に造詣の深い方々に依頼してチェックしてもらったところ、あっけなくやぶられてしまったそうだ。
全国的にどこの自治体でもセキュリティレベルは変わらないそうだから、その対策がどこまで進んでいるのか、それぞれ確認する必要はあるとのこと。
全国の行政関係者に注意を喚起したい。
いずれにしろ「公開すべき情報を公開せずに、公開してはならない情報が公開されてしまう」ということであってはならない。

これで60円

ゴミ袋
PCを買って、さてかたずけとなって考えさせられた。
ダンボールに入っていた発泡スチロールだけで、45リットルのゴミ袋がいっぱいに。
これで60円なのだ。
とても軽いが重い負担だ。これ以上小さくすることもできない。
庶民感覚としては、ゴミ袋有料化はこうした日常の様々なところで?がつく。

今日はPCの設定に忙殺

メインPCにガタがきていたので、新しく買い替えて設定することに。
いろんなアプリケーションを使っているので、これまでと同じ状態にするのに1日かかってしまったが、PCレスキューの桜井さんに少しお手伝いいただいてとても快適で早いPCに仕上がった。
これからの作業はグンとはかどりそう。
話はそれるが、最近は選挙にまつわる話をよく聞くようになった。与太話から貴重なお話まで多種多様。
中でも「足利のため」「日本国のため」という視点で語られる方のお話は説得力がある。
私はいい人に恵まれている。感謝だ。

ITの進展の速さ

いやしかしそれにしてもITの進展のスピードは目覚しい。
日々驚きの連続だ。
数年前に最先端であったものが今は過去のものになってしまっている。
今日はそれを実感した一日となった。
ビジネスにもまた政治にも大いに活かせそうだ。
ただ、そのIT技術のオリジンは米国初がほとんど。
日本のIT教育はどうなっているのだろう。
時代を牽引する大事な分野の人材供給も政治の責任だ。

救急時の対処法

消防署講習
友愛幼稚園で消防署の方をお招きし、救急時の対処法についての講習会がありました。父母の会会長ががんばっています。
AEDは、いざ使用するという時には、自動で音声の指示が出るんですね。
勉強になります。

続々:過ちては則ち改むるに憚ることなかれ

20080908113455.jpg
どうしてこういう発想になってしまうのだろう。
ゴミ袋1枚60円は高すぎるという市民からの度重なる苦情を受けて、ようやく打ち出した手立てが”ゴミ袋の無料配布”では。。。
かたくなに3年間ゴミ袋の値段は60円のままでいくと凝り固まる必要などないのだ
もっと謙虚になるべきだ。人間誰しも間違える。
足利学校の象徴である孔子の言葉には”過ちては則ち改むるに憚ることなかれ”というのもある。
問われているのはそこからのリカバリーの方法なのだ。
隣のお店(太田市)ではおいしい饅頭を15円で売っているのに、同じ饅頭を60円で売って商売になるはずがない。案の定こんな事態が生じているのだ。早くこのおかしさに気付いてほしい。

自民党総裁選と民主党代表選:2008年9月8日街頭演説

街頭演説
民主党の代表戦は無投票で決まる一方で自民党総裁選の前哨戦が喧しい。
色んな方が乱立しているが、要するに「構造改革派と増税派そして財政出動派」の権力争いということだろう。
これらの勢力は民主党にもいる。
これが結局政治をわかりづらくさせてしまっているのだ。
国家の根幹をなす政策で180度違うような政策をもつ政治家が2大政党の両方にそれぞれ混在してしまっているのだから。
だからこそ政界再編は必定と思う。
以前「政権を獲った政党の党首の任期は次の衆議院選挙まで」ということを書いたが、そういう形でタガをはめ政策本位でガリガリいくことによって、政策の方向性でひとつのまとまりのある形(政党)が見えてくるのではないかと思うのだ。
例えば、以下の点くらいは同じ政党で一致した見解を持っていただきたいものだ。
●税制的には、減税派と増税派
●財政的には、構造改革派と財政出動派(ハイエク派とケインズ派)
●外交的には、対米重視派と国連重視派
●特に北朝鮮に対しては、北朝鮮圧力派と穏健派
●行政的には、道州制導入派と現状維持派
●教育的には、相対評価派と絶対評価派
私の尊敬する国会議員が以前「派閥の前に党があり、党の前に国家がある」と語っておられたことがある。
今回の福田さんには「党のために、自分でない人が解散総選挙に打って出た方がいい」という判断があったと聞く。しかし、党はあくまでも国をよくするための手段であり、国家のためであれば党の継続に固執する必要性はない。
少なくとも今のわかりづらい政党政治をわかりやすくする責任は国会議員たる政治家にあると思う。

« Previous | Next »