選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

北の郷支部発足

2012年10月23日、おかげさまで北の郷支部後援会が発足しました。
ご参加頂いた皆様、そして、ここに至るまで大変なご尽力を賜りました、矢板亮会長をはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

また、下記の両毛新聞では取り上げられてませんが、地元の渡辺悟市議にもご臨席賜り、力強い激励の言葉をいただきました。ありがとうございます。

両毛新聞記事 20121031

足利観光誘客戦略会議からの提言を受けて

10月29日に、足利観光誘客戦略会議(座長:早川慶治郎足利商工会議所会頭)からの提言を頂きました。

足利観光誘客戦略会議早川議長からの提言

足利ならではの地域資源をトータルで見直し、文化遺産・自然遺産から食文化に至るまで、ひとつひとつその活かし方をまとめていただきました。

市としてこの提言を重く受け止め、早速、できることから着手してまいります。

改めまして、早川座長はじめ当会議の委員の皆様に心より感謝申し上げます。

足利観光誘客戦略会議からの提言

下野新聞記事 20121030

読売新聞記事 20121030

メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業は、賃料収入が年間約580万円になります。

足利市民総発電所構想の一環で展開している「メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業」は、この度施行業者(2社)が決まり、足利市への賃料収入は年間約580万円(20年間で、1億1600万円)となりました。

ちなみに、対象施設は59施設で、発電出力は合計3270キロワットとなります。

読売新聞記事 20120904

朝日新聞記事20120906

読売新聞記事20120713

梁田支部発足

2012年7月28日、おかげさまで梁田支部後援会が発足しました。
ご参加頂いた皆様、そして、ここに至るまで大変なご尽力を賜りました、中井敬一会長をはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

また、河内利雄議長にもご臨席賜りました。ありがとうございます。

両毛新聞記事 20120806

山前支部発足

2012年7月21日、おかげさまで山前支部後援会が発足しました。
ご参加頂いた皆様、そして、ここに至るまで大変なご尽力を賜りました、椎名弘会長をはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

また、常見登、小林貴浩両市議にもご臨席賜りました。ありがとうございます。

両毛新聞記事 20120727

東大でのシンポジウムで足利市民総発電所構想を紹介してきました。

7月13日。
エコポイントの提唱者として著名な加藤敏春氏の主催する”【スマート・シンポジウム】「家庭の節電行動2012」から「エネルギーのインターネット」(場所:東京大学本郷キャンパス)”にパネラーとして参加してきました。

私は主に足利市民総発電所構想について説明してきました。

当日の様子は、USTREAMで配信されていますので参考にしてください。

スマートシンポジウム 20120713
スマートシンポジウム 20120713

競馬場跡地を芝生広場へ

6月30日、7月1日の両日、競馬場跡地東側を「子どものために活用する」という方針に基づいて、多くの市民ボランティアの協力を賜り、芝生化をすることができました。
今後はさらに整備を進め、子ども達に喜んでもらえるようなエリアにしてまいります。

下野新聞記事20120701

今度は新潟県長岡市にあしかが美人のトップセール

市長による足利産農産物のトップセール第3弾として、5月24日に新潟県長岡市の長岡中央青果卸売市場に行ってきました。

季節がら人参の最盛期を迎えていることから、今回はご覧のとおり、あしかが美人「あしかが人参」の販促です。

市長が来るというのは珍しいらしく、おかげさまで通常の取引価格の約10%増しでの約定がいただけたとのことです。

ありがとうございます。

あしかが美人トップセール20120524

水防訓練

例年7月に実施している水防演習が行われていましたが、7月は既に出水期に入っており時期的にどうかということと、昨年の東日本大震災を受けてより実践的な訓練の必要性を痛感させられたことから、本年度は出水期前の5月27日(日曜日)に、中橋取り付け部分における1トン土嚢積みや避難訓練を加えた水防演習を実施しました。

当日は市職員、消防職員、消防団員、市民の方々約2300人が参加されました。
ありがとうございます。

また、今回の水防演習の実施にあたり、中橋周辺の交通規制を行いました。周辺住民の皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

水防演習20120527
*災害時、1トン土嚢はもっと内側に山のように積まれることになります。

朝日新聞記事 20120505

東京新聞記事20120524

足利でも道の駅をつくることにしました。

場所は瑞穂野町地内の50号バイパスと館林街道との交差点の北西側農地です。
選定理由は、
①交通量が多い(平日39,000台/日)
②市街化調整区域にある比較的開発しやすい農地のため駐車場などの敷地を確保しやすい
③隣接する道の駅から10キロ以上離れている
などが上げられます。
開業は2017年度中を予定しています。

今後は、7月中に「道の駅」建設協議会を立ち上げて、具体的な検討に入ります。
現在、当協議会の委員も募集しています(6月22日まで)。詳細は足利市ホームページをご覧ください。

下野新聞記事20120522

« Previous | Next »