選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

西郷隆盛は語っている:2008年1月20日街頭演説

20090120.jpg
先日のブログで、西郷南洲(隆盛)の言葉を引用したが、今日の街頭演説も私の政治信条のひとつ「子供にツケを回さない」という視点と重なる南洲翁の言葉をまずは取り上げたい。
西郷南洲遺訓13則:
税金を少なくして国民生活をゆたかにすることこそ国力を養うことになる。
だから国にいろいろな事がらが多く、財政の不足で苦しむようなことがあっても税金の定まった制度をしっかり守り、上層階級の人たちをいためつけたり下層階級の人たちを、しいたげたりしてはならない。
昔からの歴史をよく考えてみるがよい。道理の明らかに行われない世の中にあって、財政の不足で苦しむときは、必ず片寄ったこざかしい考えの小役人を用いてあくどい手段で税金をとりたて、一時の不足をのがれることを財政に長じた立派な官吏とほめそやす。
そういう小役人は手段を選ばず、むごく国民を虐待するから人々は苦しみに耐えかねて税の不当な取り立てからのがれようと、自然にうそ偽りを申し立て、また人間がわるがしこくなって上層下層の者がお互いにだましあい、官吏と一般国民が敵対して、しまいには国が分離崩壊するようになっているではないか。

西郷南洲遺訓14則:
国の会計出納の仕事はすべての制度の基本であって、あらゆる事業はこれによって成り立ち、国を治める上でもっともかなめになることであるから、慎重にしなければならない。
その大よその方法を申し述べるならば、収入を計って支出をおさえるという以外に手段はない。
一年の収入をもってすべての事業の制限を定めるものであって、会計を管理する者が、一身をかけて定まりを守り、定められた予算を超過させてはならない。
そうでなくして時の勢いにまかせ、制限を緩慢にし、支出を優先して考え、それにあわせて収入をはかるようなことをすれば、結局国民に重税を課するほか方法はなくなるであろう。
もしそうなれば、たとえ事業は一時的に進むように見えても国力が衰え傾いて、ついには救いがたいことになるであろう。
(以上、南洲神社発行・西郷南洲先生遺芳より引用)

政(まつりごと)の全ての基本はここになければならない。
まずは、行政として歳出削減努力をするのが先決だ。
それをせずに、市民に負担を押し付けてはダメだと既に100年以上前に西郷南洲翁は語っている。
足利市に置き換えていうと、例えば、下水道事業。
市の財政健全化計画の中で来年度(平成21年度)の予定としては、下水道事業で約3億円の増収を見込んでおり、その大半は料金値上げによるものだろうとのこと(昨年6月議会でのやりとり)。
ここでも、お金が足りないから市民に負担を押し付けるという発想が横たわっている。
ゴミ袋の有料化の時もそうだった。
いくらなんでもそのような発想を続けることを許してくれるほど時代にゆとりがあるわけではない。
また最近では、「子供にツケを回さないために」という言葉が独り歩きしているのが気になる。
例えば、「子供にツケをまわさないために借金をするのではなく増税をする」という論理で語る政治家がいるのだ。これは現状維持の古い政治のベクトルからの発想で、あえてプロたる政治家に任せなくても官僚に任せておけばできる手法だ。
一方で、私が目指す政治は「子供にツケをまわさないために借金を返しながら減税をする」だ。もちろんこれは容易いことではないし、すぐにできるものでもない。しかしそういう方向性が自由主義の世界で暮らす我々には必要だし、それこそがプロたる政治家に求められているのだと思う。
私は小さなことではあるが、そうした市民に負担を押し付けずに歳入歳出の帳尻を合わせていくという取り組みを積み重ねて、現計画よりも負担が軽微ですむべく結果を出していきたい。

これわかるわかる

IT業界関係者の特殊なポテトチップスの食べ方という記事がアメーバニュースに出ています。
う~んこれわかるなあ~。
ということで思わずリンク。

人の情けの温かさ

今日もひたすらビラまき。
これまでの14年間で、市内5万8千世帯全部網羅したと思っていたが、精緻に見直すと伺っていないところが残っている。
今日はその空白地帯を歩く。
空気は乾いて寒気が厳しいが、今日はいつにもまして”人の情けの温かさ”を感じた1日だった。

これは残念

シネマックス足利が1年そこそこしか経っていないのに早くも閉店だそう。
う~ん、残念。
昔は沢山あったのにな~。
20090117.gif

Read more »

足利市長選は4月19日告示26日投票

市長選の期日が確定しました。
以下、今日(1月16日)の下野新聞記事
足利市選挙管理委員会は15日、5月12日の任期満了に伴う同市長選の日程を、4月19日告示、同26日投票と決めた。
 同市長選には、元県議の大豆生田実氏(43)が立候補を表明しているほか、市議会や経済界などで構成する選考グループが擁立を検討している。
 同市の有権者数(昨年12月2日現在)は12万9233人(男性6万2588人、女性6万6645人)。

ただひたすらに2

今日も、ひたすら市内を回る。
みなさん概ね歓迎してくださるので、どんどん力が湧き出てくる。
中には、仕事を止めてまで、数十人の社員の方々にあいさつさせていただけた会社もあった。
また、ある議員の大幹部の自宅をお邪魔したら、他の動向に関わらず、私を応援してくださると「確約」してくださった。涙が出るほどありがたい。
涙が出るといえば、今日回っているときに、市内の小学校2年生の生徒が、ある著名団体の主催する全国作文コンクール(正式名ではないかも)で最優秀賞を受けたことを知る。
主催者側の方の話によると、小学2年生には思えない「涙かせる文章」だ、と大絶賛されていた。こういう生徒が足利にいる。すばらしい。いずれ発表されると思うが、拝読するのが楽しみだ。

Read more »

日赤移転について

私は既に出馬表明の記者会見で日赤移転については、「日赤につきましては、機能強化及び利便性の拡充は私も必要と思います。現状を踏まえ、日赤とよく話し合って、日赤のためにも足利市のためにもなるサポートをしていきたいと思います」と表明しています。
もちろん過去には、この件については随分と疑問点を指摘してきました。
しかしながら、今年中には着工という段階まで話が進んでしまうと、当然のことながら現実的な対応をせざるを得ないだろうと思っています。

渡辺喜美代議士自民党離党:2009年1月13日街頭演説

20090113.jpg
やはり真冬1月の街頭演説が一番印象深い。
余談のような話だが、一般的に12月22日頃が冬至で日中の時間が一番短いといわれているが、自分の街頭演説の感覚だと1月に入った例えば今日くらいの方がみずほ銀行のビルから昇る朝日の時間が遅いように感じられる。
ネットで調べてみたらやはり体感どおりだった(^^)
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0508.htm
さて、今日渡辺喜美代議士が自民党を離党する。
理由は巷間伝わっている通り。
このことの栃木県政界に及ぼす影響は甚大だ。
県議会議員50人の内、温知会(渡辺派)所属は10人だが、それ以外でも実質的には温知会と目されている方はいる(私も県議のときは無所属ながら所属していた)。
県政では代議士直系のまとまったグループは温知会が圧倒的最大派閥。
その動向次第で、県議会も大きく変わる可能性がある
また県知事もよしみさんとは昵懇の間柄であることを考えれば、その立ち位置にも少なからず影響を与えるだろう。
よしみさんの言う国民運動に参加する県内政治関係者は相当数に上るのではないだろうか。

ただひたすらに

昨年末、後援会のリーフレット第一弾が出来上がったので、今日もひたすらビラまき。
支持者の方が一緒に回ってくださったので、ことのほか気合が入って久しぶりに足にマメが二つできた。
一緒に回ってくださったHさん、ありがとうございました。
自分の足で回るというのは、私の政治活動の原点。これまで隈なく足利市内各地を回ってきたが、いつも「へ~こんなところに神社があったの!」とか「え!ここに新しい住宅が建ったんだ!」とか新鮮な驚きがあって楽しい。
今日も足利市のことがまたひとつわかった。
それにしても市民から聞こえてくるのは「足利を変えなけりゃダメだ」という声ばかり。
とりわけこれまで私を応援したことのない方々からそういう声が多いのが特徴ともいえる。
お邪魔したある農業委員経験者の方は、
「頼むよ!4年前は厳しいことを言ったけれど今回は違うよ」
と励ましてくださる。
明らかに時代が変わってきたということだろう。
そして肝心の「どう変えるのか、変えたいのか」という点については、私はリーフレットや当ブログのマニフェストでお伝えしていく所存。
ともあれ、昨日の両毛新聞にあるように
20090110.gif
足利のためになる政策を掲げているふさわしい人という視点で選ぶことが大事だと私も思う。

Read more »

このハングリー精神!

20090106.jpg
ある後援者の方がオーナーをしている店舗の話。
数か月ほど前に、不動産屋さんの紹介で名古屋から中国人5人が来て、オーナーの所有する店舗で中華料理屋を始めたいと相談してきたとのこと。
オーナーとしては流暢に日本語も話せずに大丈夫かいなと思ったそうだが、とりあえず家賃の折り合いもついたので貸したそうだ。
しばらくは心配しながら見守っていたが、程なくお客さんが口コミで集まり始めて今や大賑わいだそう。
私も、オーナーに誘われてランチを食べたが、これがまたなかなか日本人好みのイケる味だった。
その中国人、店舗以外は狭いアパートに暮らして、年末年始も休まず営業し、朝から晩まで働きづめでとにかく気合が入っている。笑顔もけれんみが無くていい。要するにハングリーなのだ。全てを賭けて勝負しているという感じが伝わってくる。
オーナーいわく、「あまり言うことを聞いてくれないけれど、彼らには今の日本人が忘れてしまったものがある。自分たちの若いころを見ているようだ」と随分と評価されていた。
この厳しい時代でも、力強く立ち向かう術はある。そんなことを実感させられた日だった。

« Previous | Next »