選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

菅家さん、お帰りなさい

午後2時、菅家さんが市長室にお越しになった。
私は「足利市を代表して心から歓迎します」と申し上げた。
そして、市として市営住宅のあっせんと来年の4月よりスクールバスの運転手としての仕事等の用意があることもお伝えした。
菅家さんはとても喜んでくださった。本当に気持ちがこもっていた。
何かこちらまで目頭が熱くなった。
これからこの足利の地で心穏やかに過ごしていただけるよう市としてできるだけのサポートをしていきたい。
そして、菅家さんを最初から支えてくださった西巻糸子さん。
あなたの地道な活動が菅家さんを救いました。
時代の空気に流されない真実を見極める能力、そして10数年に渡り菅家さんを励まし続けた粘り強い努力。
とても真似できるものではありません。
佐藤弁護士も語っていましたが、”あなたは足利市の良心”です。
ありがとうございます。
それにしてもその佐藤弁護士はよくしゃべる人だ(^^)
それは足利事件とは関係ないだろうということまで(_ _)
弁護士とはこうでなくてはならないものかもしれないが、やはりこの方の貢献も特筆すべきものがある。
菅家さん、いつでもお待ちしています!

給料30%カット、否決!

今日の総務企画常任委員会。
市長の給料を30%カッする議案を上程した。
しかしながら、議員からは市長の給料30%カットだけではなく副市長人事と特別秘書のあり方も一緒に議論するべきだ、従って保留という意味での反対という意志が表明され、採決を取った結果、3対2で否決されてしまった。
残念だ。
この結果を受け、最終日に本会議で全議員により再度審議されることになるので、その帰趨を見守りたい。

平成21年6月市議会代表質問

初の市議会代表質問。
質問の多くは良識ある立場からの建設的な意見が多く、おかげさまでとても中身の濃い議論ができた。
この場をお借りして議員の皆さんには感謝申し上げたい。
今回の11日、12日そして15日の3日間で特に印象に残ったことを何点か。
競馬場跡地内に調剤薬局を開設するスペースを設ける方針について。
ある市議からは、医薬分業における「かかりつけ薬局」があるべき薬局の流れではないか、それと逆行しないかという鋭い質問あり。
まさしくそれは理想だが、実際はそれとはほど遠い状況。
従って現実的な判断として、競馬場跡地内に調剤薬局を設けつつ、FAXにてかかりつけ薬局に処方箋を送るサービスが行えるように日赤に働きかけたい。
鹿島橋山下線について。
現状の鹿島橋山下線は、旧50号にTの字にぶつかっている。
ここをアンダーパスで北へ抜ける道路が計画されているが、総工費で20億円以上かかりとても手が出ない。
また現地を直に見れば、Tの字部分をそのまま北に伸ばし、踏切を作って山下町側に抜ける道路を新設することは十分可能と思われる。
従って、暫定的ではあるが、そういう方向で進めていきたい。
私の公約に関する質問について。
ある市議からは「公約については何が何でも100%達成しなければと固く考えすぎなくてもいい」という趣旨の言葉をいただいた。激励なのか、与党宣言なのかとにもかくにも丁重に承った(^^)
ゴミ袋の無料化について。
これは今回の選挙のひとつの大きな関心事であったことは間違いない。
しかしながら、両陣営ともゴミ袋の無料化(私の主張は、19年以前の状態に戻す)を掲げていたので、ほとんど争点にはならなかった。
しかし、である。
この議会ではなんと相手陣営を応援した複数の議員からゴミ袋の無料化反対の狼煙が上がった。
これはある面、勇気ある発言だ。
当然のことながら「自己矛盾している」(彼らの陣営もゴミ袋無料化を訴えていたのだから)と、私は議会で指摘させていただいた。
しかしながら何歩もゆずって、彼らの言われることもわからない訳ではない。
来年の4月よりゴミ袋の無料化を予定しているが、来月7月よりゴミ袋の無料配布がはじまり(合計で40枚)実質的な無料化の状態が生じるので、その推移を見極めながら最終的な判断をしていきたい。
市長就任即日の副市長解職の件について。
これは全く私にとっては遺憾な質問だ。
解職に至るまでの事実関係は、直接両者に聞けばわかる話だ。
少なくとも、前副市長が答えることのできない議会という公開の場で聞く話ではない、と私は思う。
聞かれれば話さざるを得ないが、質問の中身はもっと考えてほしい。

報道は事実に基づいてお願いします。

今日(6月12日)の東京新聞。
菅家さんの件で、以下のような記事が掲載されている。
20090612.jpg
こまったもんだ。
私は、菅家利和さんの意向を承った上で、市営住宅の優先的なあっせんをすることはありえるとは言っているが、「住宅の無償提供の提案」まで踏み込んだ発言は一切していない。
にもかかわらずどうしてこんな記事になってしまうのか、不思議でならない。
報道は事実に基づいてお願いします。

全国模擬授業大会 in 足利:2009年6月8日街頭演説

20090608.jpg
昨日は白鴎大学足利高等学校富田キャンパスで行われた開倫塾(林明夫塾長)主催の第4回全国模擬授業大会にお邪魔した。
20090607.jpg
この大会は、要するに全国の学習塾の先生が集って、日頃の塾での教え方を披露し、点数付けをしてお互いのスキルアップに活かしていこうというもの。
数学、理科、英語、国語、社会と一通り見させていただいたが、さすがに名だたる先生方の授業はわかりやすい。子供たちを引き付けるツボを心得ている。
私は足利市内全ての中学校を一学期中に訪問する予定にしているが、この模擬授業はそのための参考になった。

足利事件菅家さん釈放

いわゆる足利事件で無期懲役判決を受けた菅家さんが申し立てた再審請求の即時抗告審で実施されたDNA再鑑定で、菅家さんとは別のDNA型が検出されたことを受け、東京高検が刑の執行を停止した。
要するに菅家さんは犯人ではなかったということだ。
無実の人が汚名を着せられたまま17年半も刑務所に押し込められていたという事実はあまりにも重い。
確か96年か97年ごろだったと思うが、「菅家さんは無実です。これは冤罪です」というビラを作って配っている方がいた。
その方の名前は今も覚えている。
恥ずかしながら、当時は、何を言っているんだ?という感じでしか受け取れなかったし、時代の空気もそうだった。
しかし、である。
その方は、菅家さんの無実を晴らすためにあきらめずに運動を続けていたのだ。
おそらくそうしたサポートが菅家さんの背中を押し続け、今日の結果を導き出したのだろうということは想像に難くない。
近いうちに、菅家さんは足利に来られることと思う。
私は足利市を代表して心からお迎えしたい。
そして、陰で支えて来られた方々にも心から敬意を表したい。
お待ちしています!

議会所信表明(特に調剤薬局の件と鹿島橋通りの件):2009年6月1日街頭演説

20090601.jpg
人事院勧告を受け、公務員と特別職の夏のボーナスカット(約9千万円削減)の議案を5月中に提出する必要が生じたため議会の開催を議長に要請し、29日に臨時議会が開催された。
また、その臨時議会で私の所信表明をさせていただいた。
その中で、本日は特に新しい日赤に隣接した調剤薬局の設置の件と鹿島橋通りの延伸の件についてふれさせていただく。
まず、調剤薬局の件。
今年度より競馬場の跡地に日赤が建設されるが、跡地に公道を用意して調剤薬局を設置する場所を提供する方が患者さんのためにも日赤のためにもなる。
ただ現状の計画では、旧50号の北側あたりに開業される可能性があり、患者さんは、日赤に車で乗り付け処方箋を受け取って車で薬局まで移動して薬をもらって帰宅するようになってしまい(2ストップ)便はよくない。
このことについては、既に日赤の院長先生とも良好な関係で話し合いを進めさせて頂いており、基本的な方向としては賛同していただいている。
行政レベルでの技術的な課題は残るがなんとか知恵を出してそれをクリアし、議会の理解もいただいた上で、ぜひそういう方向で進めていきたい。
次に、鹿島橋通り。
地図をご覧いただければ一目瞭然。

より大きな地図で 鹿島橋通り を表示
これまで、ここは立体交差をするということで検討がなされてきたが、その実現のためには多額の予算もかかり(25億以上)、旧50号の利用者から見ると立体交差によって鹿島橋通りへのアクセスが逆に不便になる恐れがある。
したがって、暫定的に平面交差で山下町側につなげて開通する方が、お金もかからず地元の方からの早期開通要請にお応えできるので、より良いと思われる。
これをするにあたり最大の律速段階は、JRの了解とのこと。
その意味で、いつ開通するか現時点で見通しは言えないが、早期開通に向けて最大限の努力を注ぐ所存!

市長村長会議の報告:2009年5月25日街頭演説

2009052500.jpg
今日の街頭演説の要旨は、先日アップした「初の市長村長会議」です。

初の市長村長会議

2009052301.gif
昨日、県公館で市町村長会議が行われた。
概ね下野新聞の記事通りなのだが、その会議で私が申し上げたことを記しておきたい。
●基本的に、県の財政健全化計画は理解できる。
●図書館については、宇都宮の県立図書館と足利図書館の2館だが、これまで宇都宮の県立図書館は全額県の負担で運営され、足利図書館は半分は県・半分は足利市の負担で運営されており、足利市は割りを食ってきた。
●今回その半分さえも県は負担せず、足利市に移管するというのは公平性を欠く。
●従って、県有施設の見直しを行うのであれば、県立足利図書館だけではなく、全ての県立施設の管理・運営のあり方を見直すべき。
というのが私の発言の趣旨だ。
それに対し、その後の懇親会で県幹部は、
●県立足利図書館と言っても利用者の95%は足利市民だ。
●足利市には市立図書館がない。
●建設当時、いずれ県から市に移管するという合意をしている。
という趣旨を話していた。
だからあきらめてほしいということだろう。
過去の経緯は私にはわからないが、県土の均衡ある発展を考えるのであれば、(宇都宮から見れば辺境の地かもしれないが)足利市に県立図書館があってもいいと私には思える。館林市に群馬県立美術館があるように。
ただ、これまでに足利市が市立図書館を作らなかったので、県につっこまれるすきを与えてしまっているのも事実だ。
懇親会後、千保大田原市長に誘われて、居酒屋談議。
●大田原の県北体育館も県が建てたものだが、年間の運営(人件費部分)は市が全額負担(年間7000万円以上)している。
という現実を知らされる。
ちなみに、宇都宮の栃木県体育館は県の外郭団体が管理しているそうだ。
いずれにしろ、問答無用に進めることはないと知事は語っているので、これから十分に論議していきたい。

三方よしのケチケチ作戦(^^)

市長に就任させていただき、早一週間が過ぎた。
対外的なあいさつ周りなどの用件を除けば、現時点での私の仕事はほぼ今年度予算の組み替え作業といっていい。
連日、各部の今年度予算を精査して、どこが削れるのかということを中心にした担当職員と議論している。
すでに今年度執行したものや既に契約を済ませたものもあるので、なかなか思うように額が積み上がらない。
職員も必要性があって予算を組んでいるのだから当然のことながら削減に難色を示す。
その気持ちもわからないではない。
それでも粘り強くひとつひとつ見直している。
そんな作業に明け暮れている自分を客観的に見て、「コストカッター」という言葉を思い出した。
ある議員には「市長のケチケチ作戦」(22日の全員協議会)と言われたりしている(^^)
もちろん私は、なんでもかんでもダメだと言って気持ちを萎縮させるつもりはない。市民のために必要なところには大胆に使うということも当然考えている。
そういう意味では私の改革は”新たな投資を行う原資を生み出すための見直し作業”と申し上げたい。
例えば山前小の西側に、山前2丁目自治会館と第7分団の消防の詰所が隣接して建てられている。
090521_152654.jpg
ご覧のとおりなのだが、なんと自治会館は坪約55万円、消防団の詰所は坪約100万円弱で建てられたそうだ。
なぜこれほどまでに違うのか。
自治会館は民間発注で消防団の詰所は役所発注というところにその差の大きな原因が内在していると言わざるを得ない。
要するに役所発注の事業は、国土交通省が決めた積算単価そのものが高すぎるので、高コスト体質になってしまっているのだ。
足利市としてそれを変更することができないのであれば、市長として国にはっきりとものを言っていかなければならないし、もっと競争を促して落札価格が下がるような環境を作っていかなければならない。
仮に、消防団の詰所が坪50万円程度でできれば、ほぼ同額の予算でもうひとつ違う分団の詰所を作ることもできるという計算になる。
これは、詰所の建て替えを望んでいる分団の方にも歓迎される話だし、落札できなかった業者にも次のチャンスが広がる悪くない話だ。
もっと広く見れば、足利市にとっても市民にとってもプラスになる。
そのように効率的に税金を使えば、お金のやりくりがうまく回り消防行政の中でかねてからの懸案であった消防署の建て替え(耐震強度が脆弱で地震時に建物が崩壊しかねないという状況)に手をつけることができるようになる。
これを私は”三方よし(市民、市役所、業界)のケチケチ作戦”と申し上げたい(^^)

« Previous | Next »