足利市もJFL所属栃木ウーヴァフットボールクラブの本拠地になりました。

2013年2月4日に、足利市がサッカーJFL所属の栃木ウーヴァ(岩原克彦代表)のホームタウンになることで、合意しました。これで栃木市とのダブル本拠地となります。

具体的な合意事項は以下のとおりです。
1、足利市も本拠地とし、ホームゲームを栃木市と分け合い、年間9試合程度を足利で開催する。
2、練習場として週1回夜間に使用できる場所を確保する。
3、現役の選手がジュニア向けのサッカー指導を行う。

当初は、J1を目指せるようなチームを市民と力を合わせて育成できないか、と大きな青写真を描いたのですが、Jリーグの組織上、一から立ち上げるとなるとJFLに登りつめるまでに順調に行っても10年はかかるとのことです。
これでは仕方ありませんので、足利サッカー協会とも連携して、足利市役所職員もチームの一員になっている栃木ウーヴァの誘致に踏み切りました。

オリンピックよりも世界中を熱くさせるのがサッカーのワールドカップといわれています。
なでしこジャパンはワールドカップを制覇しましたが、男子もいつかその日がくるはずです。
その時の選手に、栃木ウーヴァの活躍を見て育った足利の子どもがいれば、ということを想像しただけでワクワクします。

これを契機にサッカーでも足利を盛り上げていきたいと思います。

こちら(足利市もJFL所属栃木ウーヴァフットボールクラブの本拠地になります)もご参照ください。

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*