空き家条例制定

増加する空き家対策として、市の立ち入り調査を可能とする空き家条例を制定しました。

条例では、市が空き家に立ち入りができ、所有者に安全確保を指導するなどしても改善されない場合は、所有者の名前を公表することができます。
また、倒壊の危険がある家屋で所有者が不明の場合は、市が危険回避の必要最低限の応急措置を講じ、所有者が判明した段階で費用負担を求めるものとしています。

読売新聞 20121122

読売新聞記事 20121209

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*