サッカーJFL栃木ウーヴァの本拠地になりました

本年より、日本サッカー協会が運営するJFLで活躍している栃木ウーヴァフットボールクラブ(以下、栃木ウーヴァ)の本拠地に足利市が加わりました。
これで、栃木市とのダブル本拠地となります。

当初は、J1を目指せるようなチームを市民と力を合わせて育成できないか、と大きな青写真を描いたのですが、Jリーグの組織上、一から立ち上げるとなるとJFLに登りつめるまでに順調に行っても10年はかかるとのことです。
これでは仕方ありませんので、足利サッカー協会とも連携して、足利市役所職員もチームの一員になっている栃木ウーヴァの誘致に踏み切りました。

オリンピックよりも世界中を熱くさせるのがサッカーのワールドカップといわれています。
なでしこジャパンはワールドカップを制覇しましたが、男子もいつかその日がくるはずです。
その時の選手に、栃木ウーヴァの活躍を見て育った足利の子どもがいれば、ということを想像しただけでワクワクします。

もちろん、足利市には、全(オール)足利クラブというクラブ野球の雄ともいうべき市民球団があります。
これまで全日本クラブ選手権大会において10度全国制覇をし、都市対抗野球大会にも出場するなど輝かしい成績を残していますし、全足利クラブ出身の千葉ロッテマリーンズ・岡田幸文選手の活躍はご案内の通りで、市民に大きな勇気を与えています。

他にも、柔道、空手、レスリング、水泳、バドミントンそして陸上など華々しい活躍をしている選手は足利市には沢山います。

そうしたこともあって、昨年度より若手スポーツ有望選手育成事業として、市として全国レベルの大会で活躍をした選手を支援する事業を始めましたが、そこに栃木ウーヴァを加えたいと考えています。

これを契機に、夢のあるスポーツのまちとして足利市をさらに盛り上げていきたいと思います。

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*