アレルギー対応、ハサップ対応の新しい給食調理場(公設公営⇒公設民営)を造ります

平成24年12月19日の足利市議会12月議会最終日に、老朽化が著しい公設公営の東部学校給食共同調理場(以下、東部給食調理場)と公設民営の南部第三学校給食共同調理場(以下、南部給食調理場)のふたつの調理場を統合して、今福町地内の市有地に、炊飯工場と新たにアレルギー対応の給食提供が可能な公設民営の学校給食共同調理場(以下、新しい給食調理場)を整備しようとする議案の承認を頂くことができました。

学校給食共同調理場

これで、アレルギーとハサップ対応の新しい給食調理場を平成26年度から竣工することができます。

ここに至るまでには、いろいろと紆余曲折がありました。
その点につきましては、「新しい給食調理場建設が決まりましたので、これまでの経緯をまとめました」をご参照ください。

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*