公共施設の屋根貸しで太陽光パネル

足利市民総発電所構想の中で、メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業につきましては、全国的にも先駆けた取組みとなっています。

平成24年4月20日に本事業について公表したところ、実に多くの自治体からの問い合わせをいただきました。

東京新聞1面記事 20120421

下野新聞記事 20120421

毎日新聞記事 20120424

読売新聞記事 20120424

「コロンブスの卵」と言う表現が当たっているかどうかわかりませんが、公共施設の屋根を貸して、その分を自治体の収入にするという発想は誰でも思いつきそうなことなのですが、浮かびそうでなまなか浮かばない、もしくは行政にありがちな前例踏襲主義にしばられて一歩前に踏み出せなかったのかもしれません。

詳細は総発電所構想の中に記しましたが、平成24年7月13日の読売新聞にもありますように、評判は上々です。
ぜひ他の自治体が積極的に追随されるような、よりよい結果を出していきたいと思っています。

読売新聞記事 20120713

朝日新聞記事 20120906

毎日新聞記事 20130125

東京新聞記事 20130204

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*