特定規模電気事業者(PPS)への契約変更により、年間755万円の電気代節約

平成24年4月1日より、特定規模電気事業者(新しい電力小売会社:PPS)を対象にした競争入札を導入して、足利市で使用している電気代の抑制をはかります。今のところ市庁舎や学校など40程度の公共施設を予定してます。これにより、全体で300万円以上の経費節減が見込めます。

下野新聞記事20111210

【追記2012.02.20】
過日、この件に関する入札を行った結果、約755万円の経費節減につながりました。
読売新聞記事 20120221

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*