IT先進都市を目指して

インターネット上で140字以内の言葉をつぶやくミニブログ『ツイッター』が流行っています。
私も数カ月前に始めましたが、あっと言う間にネットワークが広がり驚いています。

それがご縁で、市内や近隣市の方々となんと飲み会(オフ会といわれています)が開かれることになり、さらにそこで話が盛り上がってしまって、花火大会のインターネット生中継まで実現しました。

これまでの社会は、向こう三軒両隣からはじまり、地域やクラブ活動そして会社組織など、袖振り合うも多生の縁ということで、現実に人と人とが接し縁を深めるという世界でした。

それが、こうしたツイッターのようなツールが現れてきたことにより、これまでとは違った切り口で人と人の縁が広がり始めています。まさに縦糸に横串を刺すようなイメージで社会の広がりが醸成(じょうせい) され、色々な可能性が開けてくるのではないかと期待しています。

他にも例えば『おじいちゃん・おばあちゃんが、遠くで暮らす孫とネットを通じて無料のテレビ電話で会話をする』ということは現実にできています。そしてそうした技術は、医療・福祉サービスにも大いに活用できる余地があります。

さらに教育分野では、足利市として『電子教科書』の学校現場へのモデル的な導入も検討に入ります。これもツイッターでのつぶやきがきっかけです。

また、観光客の誘客戦略にもネットを活用していきます。

こうしたツイッターをはじめとしたネットツールにより、我々の生活のスタイルや質が大きく変貌(へんぼう) しているということを感じずにいられません。

それを自治体としてどう取り込み、どのようにして広く市民のためになるような形に変えていけるか。
大きなテーマですが、 IT先進都市を目指して最大限知恵を絞って参ります。

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*