市歌の見直し

この度、市内の有識者が委員になった足利市政施行90周年記念事業実行委員会にて市歌の見直しの検討がなされ、新しい市歌を市民愛唱歌「われらのまちに」にすることが決まりました。

遡れば、市制施行60周年のときに、市歌をもっと市民に親しまれるものにと見直しの検討がなされ、当時は市歌は残し新たに市民愛唱歌を創るという折衷案が採用され今に至ったという経緯がありましたが、今回そうしたことも包含した上で一定の結論をみたということになります。
この辺のことにつきましては下野新聞にも詳しく取り上げらました。
足利市歌の見直し(下野新聞20110123)

これまで私は何度となく市歌の見直しを提言してきました。
その意味では、見直しがなされよかったと思っています。

今後は、より市民の皆様方に親しまれるよう市主催の行事や学校などでこれまで以上に謳っていきたいと思います。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*