« | »

【市役所人事】自己申告書には”一歩前へ”の気持ちで

来年度の人事を考えなければならない時期が来ました。
基本的に副市長と相談しながら部長はじめ順次決めさせていただいていますが、さすがに係長から主事クラスのこととなると日頃の接点があまりありませんので適材適所を考えるのにも限界があります。

そこで、特にそのクラスの職員の方にお願いがあります。
人事の際の参考資料となっている自己申告書に、異動希望なしの場合は、その課で何がしたいのか、また仮に異動を希望するのであれば、希望する課はどこで、なぜそこに行きたいのかを明確に記していただけるとありがたいのです。
それが、私が訴えている行政改革及び市民サービスの向上の主旨に添ったものであれば、できるだけそういう方の出番があるように慣例にとらわれない人事をさせていただきたいと思っています。
ご承知の通り、つい最近もある課で紙ベース管理していたものをパソコンを使ったデータベース管理にすることでかなりの効率化を達成した事例があります。
これはその課の職員が主体的に提案してくれたおかげです。
そういう意欲を私は買いたいし、またそれを評価したい、と思っています。

そして何よりそうした前向きな姿勢はきっと人生も豊かにしてくれるはずです。
是非とも、自らの人生を豊かにし、足利市民からも評価されるような足利市役所にするために、モチベーションの高い組織を目指して、”一歩前へ”でお願いします( _ _ )

関連エントリ:

    関連エントリは見つかりません

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*