« | »

給料30%カット、否決!

今日の総務企画常任委員会。
市長の給料を30%カッする議案を上程した。
しかしながら、議員からは市長の給料30%カットだけではなく副市長人事と特別秘書のあり方も一緒に議論するべきだ、従って保留という意味での反対という意志が表明され、採決を取った結果、3対2で否決されてしまった。
残念だ。
この結果を受け、最終日に本会議で全議員により再度審議されることになるので、その帰趨を見守りたい。

関連エントリ:

    関連エントリは見つかりません

コメント

問題を複合化して判断を複雑にする。決められない、決めたくないお役所仕事の典型でしょうか。
残念です。市長などが自らで自分の給与をカットする動議は報告のみで即決できるルールを作って下さい。
30%で間に合わない事も、市長だけで無い事も想定して。

市長選での公約に盛り込み、その上で市民が下した判断での経緯がある、更に市議会の否決理由が脱線している、が故に市議会での否決は論理が合わないように思います。
はっきり申して、現市長は現在の市政を意識した市民の代表であるのに対し市議会議員はそうではない。すなわち市議会は現在の市民の意思を反映していない鈍感政策時代の継承者が過半数を占めるとお見受けします。
このような鈍い動きでは今の刻々と変わる状況について行ける訳も無く市議会リコールによる市民再審判も考えざるを得ないのかと思ってしまいました。
許しがたい事です。

副市長の人事と特別秘書のあり方という部分を具体的に教えていただきたいものです。
頑張ってください

名無しさんが言う「具体的」とは先ず目的から始まるのだと思いますがそれは言わずとお分かりになる事だと思いますよ。
公で本音を言うと市議会議員や保守派と口論になりますよ、きっと。
ブレインは願わくばメディア関係に出られる方やメディアに取り上げられそうな方が1人は欲しいと私なら思います。
国会討論のようなくだらない口論は願ってませんのでがんばって下さい。
また話は変わりますがここで地デジに付いて投稿された方がおりますがおっしゃる通り普及には先ず電波が届かないと話しにならないし北関道近隣の発展の懸念要因にもなると思いました。

 新聞でみました。残念な結果ですが、これにめげずこれからも頑張ってください。
 なんだかんだ言いながらも、市長さんの給与カットすると次は自分たちにも矛先がくるのでは、などという恐れの気持ちを持っているのでは。
 しかし、先日の千葉市長さんにしても給与カットしてでも経費節減という動きは広まりつつあるので、妥当なことだと思います。

改革戦隊アシカガーさんに同感です。多くの民意を受けた新市長が、足利の為に市民の為に子供達の為に、断腸の思いで副市長又秘書等の在り方をご判断されたと思います、以前から感じてましたが、副市長が2名必要ですか、議論する事ですか???。

市議会の模様をWATVで拝見させていただきました。
今記事で取り上げられた30%カット案の否決につきましても同様ですが
一部議員の方々の発言や目に映る姿勢からは、到底真の意味での市政改革、
この足利市を何処に出しても誇れる郷土にするのだというまことのこころざしというものが微塵も感じ取れない・・・
そのことに一市民として大きな失望感を抱かざるを得ません。
市議として本来あるべきそのような拠りどころからかけ離れた、
個人的利害やしがらみ、感情から出ているものとしか残念ながら捉えることが出来ませんでした。
このようなことがこれまでこの国でどれだけ多くの無駄とあらゆる深刻な事態を招いてきたか、
ほとんどの一般国民はすでに充分肌身にしみて実感しております。
であるのにも係わらず、行政に携わる一部の方々が今だそのような民衆の視線などまったく意に介さないかのごとく
単なる反発・保身なのではないかとさえ思えるような執拗な質疑に終始しているさまには心を痛めずにはおれません。
と、以上抽象的に記しましたが、議会をご覧になられた多くの方々にはご理解いただけるものと確信しております。
議員と言えども・・いえ、議員だからこそ最終的に問われるのは人間性なのだと思います。
ましてや市民の代表、代弁者でもある議員の方々には、我が子にも誇って話せるような
人として尊敬出来うる行動を常に心掛けていただきたいと切に願うばかりです。
そして、常に変わらず私が大豆生田市長にお伝えしたいこと・・「市民は常に賢く冷静な目で見守っている!」、
我が敬愛する龍馬さんの言葉「世に生を得るは事を成すにあり」
これを地で行く大豆生田市長、事を成す日をこころから楽しみにしております。

個人的に思うことは、市民が市議会に関心を持つことだと思います。
2年後の市議会議員選挙の投票率が上がりますように。
わたらせテレビの市議会放送を一人でも多くの市民が見れるようになればいいと思います。
メディアに力は大きいですよね。東国原知事しかり。橋下知事しかり。
例えば、広報あしかがみにわたらせテレビの市議会放送の日時を載せたり、録画したものを県立足利図書館などで視聴できるようにするのはいいのではないかと思います。

足利市議会の委員会で市長の改革案が否決されました、一部の委員より自分の給与が減ったら困るからです、今日の朝刊より。

公約通り市長の給料30%カットが否決されるとは
政治の世界(人の思い)は、つくづくわかりませんね。市議会での反対、なぜですかね。市会議員も足利市民の1人です。市民の声という観点で捉えて戴ければ、違った見方もできるかもしれません。足利市の舵取り役である市長は、様々な試練があるのは間違いありませんが、それを乗り越えれば、必ず志は果たせるはずです。是非、半歩でも前進続けて下さい。応援しています。

この書き込みは少し違うかとは思いますが 市長に聞きたくて 書き込みます。 私達家族は 家新築とともに佐野市から引っ越して来ました。 実際佐野市に住んでいた頃から 足利の方には良く買い物や食事には来ていましたが 引っ越して生活する様になって 色々気づきました かなり不便で 道路も抜けるような道が 無くて 足利以外の人が来ると道が迷路の様でどこに行っても突き当たってしまい抜けられない様な感じでわかりづらくて 地元の方はいいですが本当に不便さを感じてしまいます まずは すべてがそこから来ていると思うんですね。 道路が どこに抜けるか分からないため そちらからの人の流れが少なくて よって他の地区の人が来ない 住みつく人が中々いない 不景気も有りますが企業や店舗も 地元の方しか来ないためやっていけなくて撤退 税収もあがらない為に 市民税関係も 高くなる よってアパート暮らしの方は 他に暮らす 市も金が足りなくなるから 市長や公務員の給料に目がいって削減 公共工事も減らし悪循環の繰り返し 私達からみると 色々な問題が有ると思いますが 将来を見れば 必要な道路インフラ整備をして 道路を流して他の地域の人も足利に来て貰わないと足利は衰退する一方だと思いますが

市長当選後、しばらく静観しながらブログを拝見しておりましたが、いてもたってもいられなくなり、コメントをさせていただきます。
今回の否決に、大いなる違和感を覚えます!!!
一般市民の意識と否決理由との間に、齟齬と乖離を感じざるを得ません。
市長がやろうとしていることは、TVや新聞等メディアを通じて市民に確実に届いております。
そして市民は馬鹿ではありません。今、足利が変わろうとしている時、それに逆行するような言動や行動をする市議は、次回選挙では淘汰されると思います。
今回の市長選の結果を見れば、市民が何を求めているのかは分かるはずです。
反対している人達は、もう一度、大局と本質の視点から考えて欲しいと思います。
市民は冷静に見ていますよ!!!

足利市議会や全議員さんに興味を持ちたいですね、市政に対するお考えや人柄、信条など特に否決された方には強い感心があります、広報紙に掲載して下さい。

足利市議会の様子が非常に気になります。
しかしながら議会は平日昼間に開催されている為、一般のお勤めのかたは見ることがせきません。
わたらせテレビさんで中継されているようですがケーブルテレビ契約が必要です。
そこで市議会の様子をネット上の動画で公開の検討をぜひお願いします。 
 広報などで文字で閲覧するのと実際の言動や市議会議員の様子を目で見るのとはまったく異なり、
文章には表現できない市議会議員のしぐさや態度、姿勢を見ることができ、ますます市民の市政参加が活発になると思います。
(議会の様子を目で見て耳で聞いて、自分が議員の立場で市議会に参加したら・・・・・。という視点で映像を見ることができると思います)
足利市のホームページなどから市議会の様子を動画で公開するのはいかがでしょうか。
これだけ市民の関心が高まっている市議会ですので多くの方がネット上での市議会の様子の公開を要望していると思います。

 皆さんのコメントに同感です。私も今まで市政に無関心というか、「どうせ」とあきらめていました。が、新市長さんになり、またこうしてブログでわかり易く知ることができるようになったおかげで、ずいぶんと変わりました。確かに市議会、市議さん一人ひとりにも自然目が行きますね。
 足利市が変わるには、まず私たちが市政への関心をもち、できることから少しでも行動することだと思いました。

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*