« | »

ゴミ袋無料の前にお願いしたいこと:2009年5月11日街頭演説

20090511.jpg
先の選挙中、私は「改革の本丸は行政改革です」と申し上げてきました。
それを進める前段で、まずは政治家が身を削るべきで市長の給料30%カットを速やかに実行した上で改革の本丸に切り込んでいきたいと思います。
またその方向性は、役所の事業をトータルで見直し無駄を省きお金を捻出して、それを原資にこれまで以上の行政サービスを提供するということです。
例えば、ゴミ袋の問題です。
そもそも1袋60円という設定が高すぎます。
すぐに無料にしたいところですが、既に利用を見込んで製造されてしまったゴミ袋が残っていますし、販売店にもご迷惑をおかけすることにもなりますので、今年度はゴミ袋の無料配布拡大で市民の負担を軽減させていただき(15円に値下げすることも検討しましたが、議会での手続きなどを考慮すると時間がかかりすぎますので今年度は無料配布の拡大とさせていただきました)、来年度から無料にします。
次に、子供医療費の無料化拡大です。
まず来年度には小学校6年生までの無料化拡大を実現します。そして、段階的に中学校3年生まで拡大します。
同時にこうした行政サービスの充実をはかるにあたり、市民の方々にもお願い申し上げなければならないことがあります。
それはひとことで言えば、「市が何をしてくれるかということを問う前に、市のために何ができるかをお考えいただければありがたい」ということです。
例えば、先ほどのゴミ袋の件につきましても無料になるからよかったと歓迎していただくだけではなく、ゴミの排出量を減らすための分別やマイバックなどの日頃の地道な取り組みによる市民主体のゴミ減量化の一層の協力をお願い申し上げます。
また、子供医療費の枠も拡大していきますが、同時に医者に見せなくても済む症状とはどういう場合かといった基礎知識の習得をお願い申し上げます。
そうした市民の協力なくして行政支出を拡大させることになる施策を継続していくことはできません。
市民の皆様方のご理解を心よりお願い申し上げます。

関連エントリ:

タグ:

コメント

本気で取り組む行財政改革!期待をしています。まず全て事業の見直し、役所内のスリム化推進による整理、統合、職員の意識改革、新しい人事制度、無用な手当て給与体系の見直しなど、やるべき改革は沢山有ると思います、お身体に気お付けて頑張って下さい。小さな一市民より。

ゴミ袋無料化は、有りがたいと感じています。以前、聞いた話では、燃やしたゴミの最終処分場が、このままゴミが増加すると、あと数年でいっぱいになり、次の候補地を探す問題や建設費用等に莫大なお金(税金)がかかるようなことを聞きましたが。そうなると、安易に我々が無料化になって喜ぶのでなく、ゴミを減らす工夫、市民がボランティアで活動して税金を使わない方法で自らが減量に努める必要があるかもしれませんね。また、行政組織のスリム化、市職員の人事制度、市長の給与カット等の間接的なことより、市民は即効性があり、市民が体感できる行政サービスの充実を早めに実行される方が嬉しく感じます。
いずれにしましても、新市長さんの施策に賛成ですので頑張ってください。

人間って、楽な方へ楽な方へと流されてしまいがちですよね。…私だけかもしれませんが…
時間がないから、面倒だから、に流されずゴミの減量化に意識してこれからの生活に努めたいと思います。一人の努力は小さな物かもしれませんが、その積み重ねが大きな成果になりますよね。ゴミを捨てるのにお金がかかるから減らすのではなく、環境保護のため、と、誰もが思える市になるといいですね。

オープンマインドな市長さんなので…率直な疑問なのですが給与30%カットの「30%」の根拠って何ですか?いろいろな自治体の首長さんも給与○%カットします~とか宣言しているのですが、どなたもこの手の質問には回答してもらえません。すぐにカットしなくても成果報酬方式で目標達成率にあわせて年度ごとに見直してはと思ったりするのですが…つまらない質問ですみません。

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*