« | »

今日は知事と面会

一昨日、福田富一知事との面会の申し込みをある方を通じてしたところ、知事から30日の夕方5時ならOKという返事をいただき、早速表敬訪問。
開口一番、知事からは「足利市民のためになることであれば知事として積極的に協力をする」とありがたいお言葉をいただいた。
そして知事からの私へ助言は2つ。
ひとつは足利市のことを(市民性を含めて)より深く理解すべしということ。
そしてもうひとつは市民の声により謙虚に耳を傾けるべしということ。
やはり知事の言葉は含蓄が深い。
また、私が想像していた以上に足利市のことがよくわかっていらっしゃるのには驚いた。
そして、知事の宇都宮市長初当選時の経験をもとにしたお話はとても参考になった。
その時は、自民党推薦候補と激しいつばぜり合いを演じ当選を果たされた。当時応援をしてくれた市議は3人しかおらず(私と全く同じ!)、議会はほとんど野党となり、最初の6月議会そして次の9月議会までは議会との間で激しい応酬が続いたそうだ。しかし、9月議会を過ぎて次第に議会の理解が得られるようになり、市政を円滑に進めることができたとのこと。
その半年間に市長として議会の理解を得るためにされた努力は想像に難くない。
詳しくお伺いしなくても、話の節々で私なりに理解することができた。
当選後4日しか経っていないにもかかわらず、お忙しい仲貴重なお時間を割いてくださった知事に感謝申し上げたい。
追記:
5月1日下野新聞記事
2009050101.gif

関連エントリ:

タグ:

コメント

利害にとらわれない、そして真剣に市民の為に行動して下さる市議会議員様だけで充分です。定数削減を提案します。

・ひとつは足利市のことを市民性を含めてより深く理解すべしということ。
・そしてもうひとつは市民の声により謙虚に耳を傾けるべしということ。
・私が想像していた以上に足利市のことがよくわかっていらっしゃるのには驚いた。
豆さん、謙虚ですね。
トイレ掃除に学ぶ会(でしたっけ?今でも続けているのですか?)など、本当に、一市民が手弁当で這い上がって、代表になったわけだから、上の3事項は、十分すぎるくらいじゃないですか?
ブログや新聞記事を読んで思ったけど、選挙に「市民VS予定調和で勝ちを前提とした組織」の構図があること事態、足利ってまだまだ異常ですよね。選挙の意味ないじゃん、みたいな。
それと、お願いがあって、治安の向上というか「犯罪の少ない都市」ってのも考えてください。最近、こまごまと、いろんな事件が多いですよね、足利って。

知事のご意見の中に、市民の声を大切にとありましたが、提案があります、市民の声を聞き入れる、会合を設ける意味で、20代〜80代の7世代ごとの方々から、募集して無作為にせんしつされ、できれば4名づつぐらいで、他の市から在住されている方もえらび、例えば「元気アップ足利対話委員会」みたいなことで、心から足利市を良くしょうとしたい方々の意見を聞き入れる場所、設定しては頂けませんか。また足利市には、たくさんの自然と観光がありますが、現状のままでたくさんの観光のお客様を呼ぶことができると思います、(ある市民)から、渡瀬川の中橋下あたりに、ファミリーゾーンを作り、4月〜10月ぐらいのあいだ、バーベキューをできるようにして、監理棟を作り、そこで全てが揃っていて、手ぶらで電車足利市に見えて頂き、ファミリーで楽しんで頂き、その後に史跡の散歩をして頂くこともでき、足利市にも活気が少しづつでも戻すことにもなるのではないでしょうか? tsubo

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*