« | »

ただひたすらに2

今日も、ひたすら市内を回る。
みなさん概ね歓迎してくださるので、どんどん力が湧き出てくる。
中には、仕事を止めてまで、数十人の社員の方々にあいさつさせていただけた会社もあった。
また、ある議員の大幹部の自宅をお邪魔したら、他の動向に関わらず、私を応援してくださると「確約」してくださった。涙が出るほどありがたい。
涙が出るといえば、今日回っているときに、市内の小学校2年生の生徒が、ある著名団体の主催する全国作文コンクール(正式名ではないかも)で最優秀賞を受けたことを知る。
主催者側の方の話によると、小学2年生には思えない「涙かせる文章」だ、と大絶賛されていた。こういう生徒が足利にいる。すばらしい。いずれ発表されると思うが、拝読するのが楽しみだ。


追記:昨日の両毛新聞にその小学生の記事が掲載された。
正確には、全国農協作文コンクールで最優秀賞をけやき小2年の川田詞音さんが受賞されたとのこと。本当にすばらしい作文です。おめでとうございます。
2009012002.gif

関連エントリ:

タグ:

コメント

自分と同い年の市長誕生を心から願っております。
私の周りにも大豆生田さんを応援している人はたくさんおりますので、頑張って下さいね。

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*