« | »

JR福知山線事故から3年

JR福知山線
今日は出張で大阪に来ています。
ちょうどJR福知山線の脱線事故から3年ということで、大阪駅前でも記帳台が用意されていました。必然として命の尊さについて考えざるを得ません。
その一方で、硫化水素で自殺を図ったというニュースが連日のように伝えられております。
今さっきもテレビで、新たな硫化水素による自殺事件の報道がなされていました。
なんで命を、命の大切さを省みずにそんなに簡単に絶ってしまうのか!
あの事故で犠牲になった107人もの尊い命を想うと、思わずそう言いたくなります。
人生におけるピンチはピンチではなく、チャンスなのです。人間には超えられない壁は現れないのですから。

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*