« | »

たかがゴミ袋、されどゴミ袋:2008年3月31日街頭演説

街頭演説
今回のゴミ袋の値段を設定した人はよほど市場原理というものがわかっていないようだ。
要するに、隣のラーメン屋さんで美味しいラーメンを15円で提供している事実を知っていながら、自分の店でラーメンを60円で提供すればどういうことになるか。
民間で商売をしたことがある人ならすぐにわかるはず(3月26日のエントリー参照)。
現に、太田市ではゴミ袋は45ℓ15円、足利市は45ℓ60円。隣同士で同じ商売をして4倍もの値段がつくのはありえない話だ。
また袋の色をピンク色にしたのもよくわからなかったが、昨日、とあるお店の女将さんと話をして合点した。
「ゴミ袋がピンク色なのは勘弁してほしいわ。下品で。。。」
「なんで黄色にしなかったんですかね」
「太田市が黄色だから、足利も黄色にすると太田市の安いゴミ袋を買って足利市でゴミを出す人が出かねないからピンク色にしたそうよ」
「。。。。」
う~ん、これが事実ならなんとも情けない話だ。
市議会議員にも確認したが、色の話は議会ではでなかったが、ピンク色にしたのはそういう理由かも知れませんねといわれていた。
う~ん、であれば、はじめから足利市も45ℓ15円にすれば、そんな懸念もなにもないではないか。
たかがゴミ袋、されどゴミ袋なのだ。

関連エントリ:

タグ: ,

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*