« | »

メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業は、賃料収入が年間約580万円になります。

足利市民総発電所構想の一環で展開している「メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業」は、この度施行業者(2社)が決まり、足利市への賃料収入は年間約580万円(20年間で、1億1600万円)となりました。

ちなみに、対象施設は59施設で、発電出力は合計3270キロワットとなります。

読売新聞記事 20120904

朝日新聞記事20120906

読売新聞記事20120713

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*