« | »

要するに小沢氏は高く売りつけているのだ。

案の定、民主党の役員会で小沢一郎氏に慰留するよう説得すると決めたようです。
菅副代表も鳩山幹事長もシナリオ通りにうまく役者を演じているように見えます。
このままいけば、今週中には小沢氏代表慰留承諾ということになるでしょう。
要するに、今回の目的は自力の弱い民主党に対するショック療法という意味合いと党内の反小沢勢力の非力化そして小沢氏への求心力の増大にあるわけです。
小沢氏は自分を高く売りつけているのです。
そして歯車は着実にその方向へ動き始めました。
若手の中には小沢氏が「民主党は力不足」と表現したことに反発している向きもあるようですが、本当のことを言われて怒る話ではありません。謙虚に内省すべきなのです。
そういう人は、昨日も記しましたが、絶対碁打ちにはなれません。
そしてこの余勢をかって小沢氏は一気に解散に追い込むつもりでしょう。
今後、解散風がどう吹いてくるか注目していきたいと思います。

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*