« | »

自民党総裁選:2007年9月18日街頭演説

mamyu
ご存知の通り、自民党の総裁選、福田康夫氏と麻生太郎氏の戦いになっています。
福田氏は、麻生派を除く全ての派閥の推薦を受けて断然有利という流れですが、見逃せないのは、いくら派閥の領袖が派閥の推薦を出してもいうことを聞かずに麻生氏支持に回っている議員がいるという事実です。
かつては、一致結束箱弁当なんていう言い方で、派閥単位でまとまっていました。
政治は金、金は力、力は数という図式がまかり通っており、派閥が議員へのカネとポストの自動販売機化していたのです。
その派閥が、小泉さん以降、金も集められないしポストも与えられないのですから派閥離れが起って当然です。もはや内向きの派閥抗争をする時代ではないとそれぞれの議員が感じ始めている証左でしょう。
これは地方でも同じです。
予算をばら撒いて求心力を確保してきた時代であれば、なんとなく名首長でいけた訳ですが、ばら撒きたくてもばら撒けない時代にこれまでと同じことをしてもダメでしょう。
だからこそ「改革なくして成長なし」なのです。
それに伴い、市民も変わっていかなければなりません。
会社の社長が言ったからとか、たまたま知っているからという安易な理由で候補者を選ぶのではなく、派閥の領袖の言うことを聞かない議員のように、自分の判断で街の未来を託するのは誰かを選んでいただきたいものです。

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*