« | »

千と千尋の神隠し

ご存じのこの映画から日本の民衆文化の原点を見ることができると慶応大学の正木晃先生は語っています。人と人ならぬ者たち、さらに自然が互いに交流できるという、日本人の伝統的な考え方を二十一世紀に再生し、主題歌にあるように生きている不思議、死んでいく不思議を年令を問わず、多くの現代人に向かって語ることに成功したと高く評価された上で、ひとつひとつの場面に深い意味があるということを教えていただきました。宮崎作品の楽しみ方がわかった気がします。

関連エントリ:

    関連エントリは見つかりません

コメント

Comments and Trackback are closed.

コメントはありません