« | »

公的年金記載漏れ問題


ふざけた話ですが、成人の二人にひとり五千万人の納めた年金の記録の一部がどこに行ったのかわからなくなっています。政府は、納めたという領収書や給与明細があれば支払うと言っていますが、誰が何十年前の給与明細書を持っているというのでしょうか。さらには、この問題は10年以上前から指摘されていたもので何をいまさらという開き直りに近い発言をしているものもいますが、分かっていたのに対処しなかったなら尚罪が重いということを知るべきです。
当事者意識が完全に欠落しているといわざるを得ないですね。
その社会保険庁をコントロールするのは政治の役割です。
ここで毅然と対処しなければ、安部さんは過去の古い自民党に足を引っ張られることになりかねませんな。

関連エントリ:

タグ:

コメント

コメントはありません

Comment feed

コメントする





承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください(^_^)。また誠に恐縮ですが、コメント全てにお応えをすることができませんが全て拝読いたしますのであしからずよろしくお願い申し上げます。

*