Home > 9月, 2012

メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業は、賃料収入が年間約580万円になります。

足利市民総発電所構想の一環で展開している「メガソーラー事業者への公共施設の屋根貸し事業」は、この度施行業者(2社)が決まり、足利市への賃料収入は年間約580万円(20年間で、1億1600万円)となりました。

ちなみに、対象施設は59施設で、発電出力は合計3270キロワットとなります。

読売新聞記事 20120904

朝日新聞記事20120906

読売新聞記事20120713