Home > 2月, 2012

足利市は地震に強い地盤

今日の下野新聞に、独立行政法人「防災科学技術研究所」がホームページに「地震ハザードステーション」を公開しているという記事がありました。

そこで早速ホームページを見てみますと、以下のようなJ-SHIS MAP図が表示されていました。
30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図
これは、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図です。

足利市は確率が3%以下です。
いかに地震に強い地盤であるかが伺えます。

そういえば、胡椒などの香辛料で有名なギャバンという会社が、独自の調査で足利市は地震に強い街だと評価し、数年前に他県から移転してきたという話を聞いたことがありますが、まさにそれが裏付けられたことになります。

今後、こうしたデータを踏まえ、「地震に強い街、足利」をひとつの大きな売りにして、企業誘致等に活かしていきたいと思います。

平成24年節分鎧年越

今年も盛大に足利に春を呼ぶ伝統行事『節分鎧年越』(せつぶんよろいとしこし)が行なわれました。
鎌倉時代中期、足利泰氏(あしかがやすうじ=足利氏4代当主で足利尊氏は泰氏の直系子孫、1216~1270年)が坂東武者500騎を鑁阿寺(ばんなじ)南大門に勢揃いさせたという故事にちなんだ足利市の冬を彩る古式豊かな伝統行事です。
江戸後期から明治時代にかけて一時途絶えましたが、大正2年に復活し、現在に至っています。
足利節分鎧年越01

足利節分鎧年越02