Home > 3月 9th, 2010

これは望外!自動販売機の競争入札で約3800万円(年間)の増収

この度、はじめて公共施設に設置されている自動販売機の一般競争入札を実施しました。
結論から申し上げると、なんと約3800万円!という望外の市の収入につなげることができました。
これまで市庁舎などの公共施設に設置されている自動販売機は、設置したいという申し入れがあれば随時設置できたようです。結果、それが既得権益化してしまった感は否めません。
そこで一般競争入札とした訳ですが、まさに望外!驚きの結果です。
これまでの市への使用料収入は2,891,220円(1台当たり31,088円/93台)でしたが、4月からの新年度は40,856,701円(1台当たり434,646円/94台)と14倍を超える収入が上がることになります。
◆入札結果
   項 目        これまでの設置    入札結果
設置台数          93台          94台
市内業者数     9社(52台)      13社(72台)
市外業者数     6社(41台)       5社(22台)
1台の最高金額    128,089円     2,265,665円
総年間貸付金額    2,891,220円    40,856,701円
平均貸付金額    31,088円/台      434,646円/台
貴重な収入ですので、市民のために有効に活用させていただきます。

足利観光大使に三遊亭歌橘さん

この度三遊亭歌橘さんが”足利観光大使”に就任されることになりました。
歌橘さんは足利出身で県内初の真打で、若さあふれる軽妙な語り口には定評があります。
足利のこともよくわかっている方ですので、今後様々な機会で足利をPRしていてくださるものと期待しています。
歌橘さん、どうぞよろしくお願いします。