Home > 12月 9th, 2009

全ては患者さんのために

nisseki01.gif
nisseki02.gif
本日、12月市議会の一般質問が終了しましたので、最も激論が交わされた「調剤薬局設置問題」について私の考え方をここに表明させていただきます。
この件について一言で申し上げるならば、”全ては患者さんの利便性の向上ために”という視点での前向きな提案です。
当然のことながら、競馬場跡地にできる日赤の近くに調剤薬局がないというのは患者さんにとって大変に不便な話です。仮に、旧50号の北側に調剤薬局ができるとなると、交通量の多い道路を渡って往復で400m以上も歩かなければなりません。冬の風の強い日や夏の暑い日等に患者さんや障害をもった方にそれをさせてもいいのでしょうか。
私はそうは思いません。
もちろん、法制度上競馬場跡地に調剤薬局ができないのであれば仕方ありません。
しかしながら、今回の足利市の案であれば、調剤薬局をつくることは可能なのです。これは厚労省にも栃木県にも確認済みです。
であるならば、それをつくるに越したことはありません。
ましてや、足利市は11月29日の市民福祉大会で「人にやさしいまちづくりの推進に努める」と決議したばかりです(平成11年3月19日の福祉都市宣言でも同様の宣言をしています)。
“やさしいまちづくり”を志すならば、患者さんや障害をもった方のためにも、この調剤薬局設置を尚のこと進めるべきではありませんか。
今月中には地元説明会、薬剤師会への説明会、そして患者になりうる全ての市民の皆様への様々なツールを活用しての説明もさせていただく予定です。
日赤のオープンは平成23年7月です。
それに間に合わせるためには、12月議会で上程をすることが一番望ましかったわけですが、議会の申し入れもありましたので、ひと呼吸おいて来年の早々に議会に提案し、審議いただければと考えています。それ以上時間が長引きますと、日赤のオープンに合わせた形での調剤薬局の開局に遅れがでる可能性があるからです。
市民の皆様には、以上のような経緯をお含みおきいただければありがたく存じます。
なお、今回の案件は市民の関心が極めて高くなっています。
従いまして私がお伝えしうる情報は、当ブログなどを通じて積極的に発信して参ります。
是非ともひとかたならぬ関心をお寄せいただきますようお願い申し上げます。
追記:
調剤薬局設置に関する市民説明会は下記のとおりです。
お待ちしてます!
【五十部町・大岩町にお住まいの方】
1、日時:12月23日午後2時より
2、場所:三重公民館
【今福町にお住まいの方】
1、日時:12月23日午後4時より
2、場所:三重公民館
【全市民の方】
1、日時:1月8日午後7時30分より
2、場所:市民プラザ
1、日時:1月9日午後2時より
2、場所:市民会館
追記:
(1月10日)
おかげさまで説明会を滞りなく開催することができ、市民の皆様に理解を深めていただく良い機会になりました。
お越しくださいました方々に心より御礼申し上げます。

(さらに…)