Home > 3月 14th, 2009

効率性と有効性

市場価格とかけ離れた発注はいたしません。そして、効率的な事業遂行を行い、費用を浮かします。その浮いた分は借金の返済や新たな事業への予算配分に使います。

事業の選別

例えば、予算ベースでみて、あと70年かかるような区画整理事業(山辺地区の区画整理事業)が理にかなっているとはとても思えません。事業の優先順位付けと行うべき事業撤退すべき事業の選別を行います。
その意味で山辺地区の区画整理事業は、もっと集中的に投資しすべきと考えます。