Home > 2月 16th, 2009

やればできる:2008年2月16日街頭演説

20090216.jpg
2009021201.jpg
大阪府の橋下知事は、一連の改革によって9年連続の赤字予算から脱却し、今年度は黒字になるという見通しを表明した。
これはすごいことだ。
彼の行ってきた改革が8割以上もの支持を得ているというのはうなずける。
時に品のない言葉を使うことがあるが、政治は結果が全て。
特に都道府県の財政はどこでも困窮しているからこそ、彼の改革は全国の知事に大変な刺激を与えているのではないか。
最近、国の直轄事業での都道府県の負担金の問題で、あちこちの知事から異議を唱える声が上がってきたというのも彼の改革と無縁ではなかろう。
ただ一方で、大阪府のようにろくな改革もせずに追い詰められてからするのでは遅いということも、ここから学べる別の側面ではないだろうか。
急激な改革をした結果、(府民への)行政サービスの低下など色んな面で迷惑をかけてしまっている。行政の職員だって心穏やかではあるまい。
だからこそ、そんな財政状況になる前に、政治がリーダーシップを発揮してもっと計画的に改革を積み重ねていかなければならないのだ。
栃木県も2010年度は財政的にはイエローカードがでる見通しだそうだ。しかしまだ大阪府ほどひどい状況ではない。今こそ福田知事の手腕に期待をするところが大きい。
もちろん、足利市も他人ごとではない。
ひとり当たりの借金を見ると、平成元年度で市民ひとり当たり287,688円であったものが、平成19年度ではひとり当たり685,996円と約2.3倍の水準!
とても改革モードになっているとは言えない。
もっと計画立てて事業の取捨選択を行い、メリハリの利いた事業の再構築をしていかなければ、それこそ将来大阪府のようにぬるま湯からいきなり熱湯というようなことになってしまいかねない。
そのためにもこれまでのしがらみだらけの古い政治の体質と決別をする必要があるのは明らか。
一緒に時代を変えていきましょう!新しい足利を創るために。

(さらに…)