Home > 2月 3rd, 2009

「あ!、おおまみうだみのるだ!」

今日の昼過ぎ、ある中学校の周りをビラ配りしていたら校舎から女子生徒が「あ!、おおまみうだみのるだ!」と言っている声が。
振り返って手を振ったら、笑って手を振り返された。
中学生にも顔を覚えられているのかと思うとなんだかうれしい気もするが、マブダチのように中学生に呼び捨てにされていいものかどうか(^^|)
そういえば、ある企業に訪問したら、新入社員の女性がお茶を淹れてくれた時に「高校生の時、街頭演説しているところ見てましたよ(^^)」といわれたことがあったが、この時もなんだか素直にうれしかった。
若い人も政治家が表に出て行動すれば自ずと関心を持ってくれるということなのだろう。
また、今日のビラまきのついでに、日頃やたらと厳しいことを言われる知人のところにも恐る恐る立ち寄った。
何時もどおり、辛口の話を聞くことになるのかと思いきや、今回ばかりは随分と勝手が違った。
ここでも”時代の流れ”を感じる。
市民は何を求めているのか。歩けば歩くほどそれがわかる。
その思いを真摯に受け止めて私は前進していく。