Home > 1月 13th, 2009

日赤移転について

私は既に出馬表明の記者会見で日赤移転については、「日赤につきましては、機能強化及び利便性の拡充は私も必要と思います。現状を踏まえ、日赤とよく話し合って、日赤のためにも足利市のためにもなるサポートをしていきたいと思います」と表明しています。
もちろん過去には、この件については随分と疑問点を指摘してきました。
しかしながら、今年中には着工という段階まで話が進んでしまうと、当然のことながら現実的な対応をせざるを得ないだろうと思っています。

渡辺喜美代議士自民党離党:2009年1月13日街頭演説

20090113.jpg
やはり真冬1月の街頭演説が一番印象深い。
余談のような話だが、一般的に12月22日頃が冬至で日中の時間が一番短いといわれているが、自分の街頭演説の感覚だと1月に入った例えば今日くらいの方がみずほ銀行のビルから昇る朝日の時間が遅いように感じられる。
ネットで調べてみたらやはり体感どおりだった(^^)
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0508.htm
さて、今日渡辺喜美代議士が自民党を離党する。
理由は巷間伝わっている通り。
このことの栃木県政界に及ぼす影響は甚大だ。
県議会議員50人の内、温知会(渡辺派)所属は10人だが、それ以外でも実質的には温知会と目されている方はいる(私も県議のときは無所属ながら所属していた)。
県政では代議士直系のまとまったグループは温知会が圧倒的最大派閥。
その動向次第で、県議会も大きく変わる可能性がある
また県知事もよしみさんとは昵懇の間柄であることを考えれば、その立ち位置にも少なからず影響を与えるだろう。
よしみさんの言う国民運動に参加する県内政治関係者は相当数に上るのではないだろうか。