Home > 12月 16th, 2008

市役所の棚卸(事業仕分け)をします。

これは政策シンクタンクの構想日本や日本税制改革協議会などが進めている手法です。既に文科省や全国の各自治体などで、実績があげられています。
フローを説明しますと、
1、事業内容の「棚卸し」をして、現状を正しく評価。
2、市役所の仕事のコスト(負担)ーベネフィット(利益)を明確にする。
3、市役所がやるべき仕事とそうでなくてもいい仕事を仕分ける。
4、ゼロベースから予算の組み立てなおす。
このような流れです。
要するに、これは役所のダイエットなのです。
無駄を省き、効率のいい筋肉体質の体にするための必要な作業(エクセサイズ)ともいえます。

(さらに…)

いやはや

先ほど聞いた話だが、12月11日木曜日に市内のとある飲食店で、市内でも名の知れた政治関係者がとんでもない発言をしていたことがわかった。
足利の政治の暗部が見えた気がする。
一応備忘録として記しておく。