Home > 2月, 2008

足銀問題:2008年2月25日街頭演説

街頭演説
足銀問題がそろそろ決着しそうです。
いわゆる地銀連合になるのか、野村連合になるのか。
競争入札ですから、通常はその価格以外の要因は考えられません。
従って、入札価格で単純にいけば、地銀連合ということになります。

地銀連合が、足銀の経営に大きな影響を及ぼすということは、先行きどのようなことが想定されるでしょうか。
1、地銀の再編が加速する
例えば地銀連合には郡銀も参加しています。
その郡銀と足銀は北関東でしのぎを削ってきたわけですが、それがある日突然郡銀が足銀の大株主になってしまうわけです。
郡銀の経営者であれば、足銀を飲み込んでしまえということを考えないはずがありません。

2、中小企業への影響
これを私は心配します。
買収された足銀は貸し出し資産の査定をさらに厳格にしてくるでしょうから、足銀以外の地銀・信金に融資の依頼も出てくるでしょう。しなしながら、県内各信金の経営状況も内実は厳しいものがあります。
結果として、地場の中小企業の資金繰りに関して影響が出はしないかと懸念しております。
もちろん、経営者の自助努力も必要ですが、その自助努力を正当にサポートしていただける金融機関側のガバナンスも大事です。
10年前の足銀はそのガバナンスが機能せず、昨日記した論語の言葉を借りれば「株主の欲せざるところ、株主に施すことなかれ」なのでしょうから、他の地銀・信金を含めて、よくその点をお考えいただきたいものです。

そもそも人間社会において、「己の欲せざるところ人に施すことなかれ」という言葉は極めて含蓄のある言葉であり、政治に置き換えれば、「市民の欲せざるところ市民に押し付けることなかれ」と読めます。
今行われている政治全般を、この言葉に置き換えて考え直してみる、今週はそんな週にしたいと思います。

論語素読

子貢問いて曰く、一言にして、以って終身之を行うべき者有りやと。
子曰く、其れ恕か。
己の欲せざる所は、人に施すこと勿れと。

昨日は論語の素読会でこの言葉を学びました。
要約しますと
「弟子の子貢は、孔子に質問した。一生の指針となる言葉をひと言でいうと何でしょうか?
孔子は次のように答えた。それは恕だ。自分のしてほしくないことは、人にするなという意味だ」

“恕”を辞書で引きますと、「
他人の立場や心情を察すること。また、その気持ち。思いやり」と出ていますが、「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」といった方がはるかにわかりやすいですね。

一見、恕と怒は間違えそうですが、又が口になっただけで全然違う意味となります。
漢字とは奥が深い面白い言葉です。

ゴミゼロへの挑戦

ゴミゼロへの挑戦
ヒューマンネットワークの百人勉強会で松下出身の鈴木武さんの講演を拝聴しています。
お話の中で関心をもったところをメモ書きで記します。
●社内での呼称を変えた
産業廃棄物業者⇒リサイクル業者
総務部施設課⇒環境保護推進部
やるきのある専任担当者とそれを支える上司がいたからこそ。
●松下通信工業の廃棄量が91年比で00年にはほぼゼロになった。
結果として1億5千万円の経費削減に。
●足の言葉
見た⇒身た
現場で確認することが大事
●排出物をゴミではなく資源に
ex.売る、購入先に戻す、リサイクル
●工場のスローガン
職場にはごみ箱がありません
工場からごみは出しません
ごみという言葉は使いません。
●リサイクル⇒発生抑制の時代
分ければ資源⇒戻せば資源
●A4コピー
A4コピー用紙1枚はワリバシ3膳分
A4コピー用紙1枚は苗木一本分
●石油埋蔵量
富士山の体積の8分の一しかない。
●廃棄物の視点
廃棄物で景気がわかる
廃棄物で経営管理がわかる
排出物の出し方が悪いところは品質も悪い
●不況こそチャンス
●人類の最大の課題は、いつ学ぶかではなく既に知っていることをいつ実行に移すかである。
●精神は頭の中にはない、身体の細胞の中にある。

前橋市長選挙

いやはや驚きました。
保守地盤の強固な群馬県の県庁所在地前橋市の市長選挙で、民主・社民支持の現職高木政夫氏が、自民・公明の推薦する金子泰造氏を僅差で破り当選されました。
現職首相のお膝元でもあるかの地でこういうことが起こるというのは、今の政治情勢を象徴しているように思えます。

政治に求められていること:平成20年2月18日街頭演説

街頭演説
国民保険税が一人平均一万九百七十六円(年額)の値上げになるらしいということは既報のとおり

また市民負担の増大。
どうしてこうも次から次へ、市民への負担の押し付けが出てくるのか、よくわからない。

今の政治に求められているのは、あれもこれもではなく、あれかこれかの取捨選択だ。
つまり、お金がなければ知恵を出すという考え方で、歳入が増えないわけだから歳出の見直しをするしかない。

だからこそ、ゴミ袋を有料化する前に、ゴミ処理に関する行政経費を削るべきだし、国民健康保険税を年間一人平均10,976円も増税にする前に、そもそもの保険税の徴収率を上げるなど、もっとするべきことがあるのではないか。

2008年新春の集い

2008021601.jpg

今年も後援会の新春の集いを開催させていただきました。お集まりいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

(さらに…)

国民健康保険税引き上げの方向



足利市の国民健康保険(国保)運営協議会は、国保税の税率を見直す条例改正案を市に提出したそうです。

次の三月定例
市議会に改正案を提出されることになるでしょう。議会で可決されれば国保税(医療給付分)は四月から一人平均一万九百七十六円(年額)の値上げとなります。

これも、ごみ袋の有料化と根っこは同じですが、値上げや市民負担の増大の前にやるべきことがあるはずです。

国保税については、徴収率は今年度はどのくらいになっているのでしょうか?
私が市議のときの話ですが、国保税の税額を決める際に10%程度の未納があるという前提で、10%割り増しの金額設定がなされていたという笑うに笑えない話がありました。
その頃より、徴収率はさらに悪くなっているようですが、今回の額の設定根拠が過去と同じであるとすれば、依然として少なくとも10%以上の割り増し負担になっているわけで、なかなか市民の理解は得るのは難しいと思います。

この件は自治体単独では解決できない難しい問題をはらんでいますが、少なくとも徴収率アップなどで成果を出していくことが行政には求められているのです。

道州制をイメージすると:平成20年2月12日街頭演説

道州制
昨年、自民党に10年後を目途に道州制を導入するという構想があるということをマスコミが取り上げたことがあった。
今のところ、その話はガソリン税問題などに隠れてしまいあまり話題になっていないが、水面下では地に足のついた議論が着実に進められているのではないかと推察している。

市町村合併に加えて、都道府県合併ともいえる道州制の導入は、国の形を大きく変える大事業だ。
それでもアメリカの州と比べれば面積的にはまだまだ小さいわけで、そもそも明治時代に制定された都道府県という単位を後生大事に守り続ける必要性は薄い。
郵便物を届けるだけでも大変な労力が入り用であった時代から、インターネットで瞬時に情報が伝達される時代になっているのだから、行政のありようを思い切って変えていくというのもまた時代の要請として必要なことと思う。

それが実現される時にはきっと、足利市と佐野市が合併するしないなんていう話を飛び越して、両毛地区で一緒になるということが前向きに議論されるようになると確信している。

それが県境で分け隔てられてしまった歴史を背負う両毛地区にとっても、最善の道だろう。

ここはどこでしょう

6月の森ハーブガーデン
ここは、栃木県佐野市唐沢山麓の6月の森ハーブガーデン(写真は青色LEDで美しく照らされているところ)。
昨日は午後から雪になり、はからずもすっかり雪化粧した唐沢山麓の荘厳な雰囲気を味わうことができました。まるでスキー場に来ているようでした。
こちらの紅葉は有名ですが、雪景色もまた格別のものがありました。
雪の日には唐沢山がお勧めです。

地方債も格差拡大

地方債
地方債の金利上乗せ幅が、自治体によって開きが出ているようです。
民間企業と同じで健全な自治体の金利は低く逆は高い、ということは行政の経営者の能力によって市民の負担に大きく差が出てくる時代になってきたということです。
市民が自分で使えるお金を増やすか、自分で使えないお金を増やすことになるか。
選挙による選択は益々大事になっているのです。

Next »

1 / 212